Loading...

20180308 UPLAN 国連人権理事会、福島原発事故関連の勧告の意義とは?

546 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Mar 8, 2018

【グリーンピース・ジャパン】
国連人権理事会の普遍的定期的審査(UPR)作業部会で出された福島原発事故関連勧告の意義を、人権問題のスペシャリストや事故被害当事者とともに考えます。また、グリーンピース・ジャパンが飯舘村と浪江町で行った最新の放射線調査についても報告します。
登壇者:
伊藤和子氏: 弁護士、国際人権NGOヒューマンライツ・ナウ事務局長
海渡雄一氏:弁護士、脱原発弁護団全国連絡会の共同代表、多くの福島原発訴訟を手がける
松本徳子氏:避難の協同センター代表世話人、郡山市から神奈川県に避難中
森松明希子氏:東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream(サンドリ)代表、原発賠償関西訴訟原告団代表、原発被害者訴訟原告団全国連絡会共同代表、郡山市から大阪府に母子避難中
ヤン・ヴァンダ・プッタ:グリーンピース放射線防護スペシャリスト

Loading...


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...