Loading...

フォードの歴史的大失敗から学ぶ顧客本位のライティング

68 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on May 20, 2017

動画で紹介されているスクールはコチラ→https://www.naturalsuccess.jp/XJrCopy...

今回は、フォードが犯した大失敗からセールスの方程式を考えてみます。

時代は1950年代後半、明るく豊かなアメリカ全盛時代。
フォード社はアメリカを代表する自動車メーカー、GE(ゼネラルモーターズ)、クライスラーと並んでビッグスリーと呼ばれる大企業です。
そのフォード社の車種ラインナップに専門家から一つの提案がありました。
「大衆車ブランドと高級車ブランドの間、中級車のブランドが欠けていますね。これを埋めるような新しい車を開発販売したら万全でしょう。」と。
これを深刻に受け止めたフォード社の経営陣は、さっそく社運をかけて新しい車「エドセル」の開発に取組みました。
当時としては斬新なトランスミッションやシートベルト、スイッチ式の操作パネルといった機能を盛り込みました。
また、当時としてはこれも奇抜なフロントグリルデザインを備えました。
さらに、車名は初代社長の息子で現社長の父親にあたるエドセル・フォードから「エドセル」と名付け、さらにテレビを使った大々的な広告キャンペーンを展開したのです。

この続きはコチラのブログから→http://copywritingchallenge.hatenablo...

Loading...

When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...