Loading...

今昔物語 cv誠樹ふぁん 「平定文本院の侍従に懸想する語」

3,478 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Dec 28, 2014

今昔物語第28巻(全44話現代語訳)発売記念動画
http://urx2.nu/fHLi

『平定文、本院の侍従に懸想せし語』 (今昔物語集巻第三十第一話)

今昔物語の巻第三十(本朝付雑事)は歌物語、恋愛譚ばかりを収録した巻である。


【平 貞文(たいら の さだふみ)】

貞観14年(872年)? - 延長元年9月27日(923年11月13日)

平貞文は、平安時代中期の貴族・歌人。
名は定文と書かれたものも見られる。
桓武天皇の玄孫にあたり、右中将・平好風の次男。
官位は従五位上・左兵衛佐。
中古三十六歌仙の一人。
一般に平中(へいちゅう)と呼ばれた。

色好みとしても有名で「在中・平中」として在原業平と並び称されるほどだった。
後に芥川龍之介は『好色』でこの平中を描いているほか、谷崎潤一郎も『少将滋幹の母』の中で重要な登場人物として平中を描いている。



【藤原 時平(ふじわら の ときひら)】

貞観13年(871年) - 延喜9年4月4日(909年4月26日)

藤原時平は、平安時代前期の公卿。
藤原北家、摂政関白太政大臣・藤原基経の長男。
官位は正二位・左大臣、贈正一位・太政大臣。
本院大臣と号した。
藤原北家の嫡子として若くして栄達する。
醍醐天皇が即位すると道真とともに左右大臣に並ぶが次第に対立し、遂に道真を讒言して大宰府へ左遷させた。
時平は政権を掌握すると意欲的に改革に着手するが、39歳の若さで死去した。




【動画作成者】

企画・脚本・作画・制作  底辺

CV 誠樹ふぁん

提供 無限の地平はみな底辺

Loading...

When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...