Loading...

横浜相鉄ビル眼科医院 網膜裂孔レーザー治療後1年 大高功医師

13,035 views

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Oct 16, 2010

網膜裂孔、厳密には網膜剥離裂孔のレーザー治療から約1年経った状態の映像です。黒い部分がレーザーの跡です。黒い部分に囲まれている部分が網膜がはがれているところです。これはわかりづらいですが。その中心に見える茶色い部分(色の濃い部分)が網膜裂孔です。網膜裂孔ははっきりわかりますね。

大きな網膜裂孔が起こると、ほとんどの場合で即座にそのまわりに小さく網膜剥離が起こります(網膜剥離裂孔)。そこから網膜剥離が進展しないように、網膜剥離のまわりをレーザーで焼いて、いわば網膜を下の層とスポット溶接するわけです。

最初は白いのですが、1ヶ月ぐらい経つと透明になり、さらに時間が経つとこのように黒くなります。溶接効果が最高に発揮されている状態です。一生継続します。

レーザーを打つ時はスポットとスポットの間は離すのですが、時間が経つとスポットとスポットがつながったような感じになる所とならない所ができます。つながっていてもつながっていなくても網膜剥離の進展を食い止めることができます。

私がレーザー治療した症例です。いい感じで仕上がっていると思います。

Loading...

When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...