Loading...

H19-6 物権変動 宅建みやざき塾 重要過去問題 権利関係

13,236 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Jul 10, 2012

H19-6
不動産の物権変動の対抗要件に関する次の記述のうち、 民法の規定及び判例によれば、 誤っているものはどれか。 なお、 この問において、 第三者とはいわゆる背信的悪意者を含まないものとする。
1 不動産売買契約に基づく所有権移転登記がなされた後に、 売主が当該契約に係る意思表示を詐欺によるものとして適法に取り消した場合、 売主は、 その旨の登記をしなければ、 当該取消後に当該不動産を買主から取得して所有権移転登記を経た第三者に所有権を対抗できない。
2 不動産売買契約に基づく所有権移転登記がなされた後に、 売主が当該契約を適法に解除した場合、 売主は、 その旨の登記をしなければ、 当該契約の解除後に当該不動産を買主から取得して所有権移転登記を経た第三者に所有権を対抗できない。
3 甲不動産につき兄と弟が各自2分の1の共有持分で共同相続した後に、 兄が弟に断ることなく単独で所有権を相続取得した旨の登記をした場合、 弟は、 その共同相続の登記をしなければ、 共同相続後に甲不動産を兄から取得して所有権移転登記を経た第三者に自己の持分権を対抗できない。
4 取得時効の完成により乙不動産の所有権を適法に取得した者は、 その旨を登記しなければ、 時効完成後に乙不動産を旧所有者から取得して所有権移転登記を経た第三者に所有権を対抗できない。

宅建みやざき塾で、しっかりと理解して、上手に整理しておきましょう!

宅建試験を最短距離で攻略!
☆わかりやすくて、スッキリ整理!☆
☆最高の教材を使って、今年の試験に、絶対合格しましょう!☆
宅建みやざき塾(DVDなど)
http://takken-miyazakijuku.com/index....

みやざきの宅建ブログ 『宅建合格らくらくナビ』
http://blog.goo.ne.jp/miyazakisensei-...

制作協力:second-card

Loading...

When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...