Loading...

柚希礼音著『夢をかなえるために、私がやってきた5つのこと』表紙撮影に密着!

24,135 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Oct 13, 2015

『夢をかなえるために、私がやってきた5つのこと』
http://www.amazon.co.jp/dp/4046013621

【公式ファンクラブ】
http://reon-yuzuki.jp/

【キャトルレーヴ】
http://tca-pictures.com/quatre/

【アミューズ(アスマート)】
http://www.asmart.jp/Form/Product/Pro...

【カドカワストア】
http://store.kadokawa.co.jp/shop/g/g3...

--------------------------------------------------------------------
つきまとう不安が私を強くしてくれました。
自信満々だったら、成長できなかった。
柚希礼音
--------------------------------------------------------------------

トップを走り続けられた力は、自身の精神力と人間的魅力に秘密が隠されているのではないか。規律、礼儀、上下関係…。先輩から何を教わり、後輩に何を残したのか、80人のチームを引っ張るリーダーの本質を1冊に。

今回、そんな本書の表紙撮影風景に密着!
最後には柚希礼音さんからのメッセージもありますので、
ぜひチェックしてみてください!

【詳細情報】
29歳という若さでトップスターに。
足かけ7年を走り続けたトップ・オブ・トップ。
武道館の単独公演は、宝塚歌劇団史上2人目。
退団公演の千秋楽の様子を、さいたまアリーナーや全国東宝系映画45館、台湾でライブ中継。
そして、サヨナラパレードには史上最高の1万2000人ものファンが集まりました。
100年にもおよぶ宝塚の歴史に、強烈な光を残したレジェンド。

トップを守ってきた精神力はいったいどこかくるのか。
才能はもちろんのことだが、自身の人間的な魅力にその秘密が隠されているのではないでしょうか。トップとは、周りが支えているような見方もできます。しかし実は、後輩たちを引っ張っていくリーダー的な存在でなければ、トップであり続けられないことは確かです。
そして、2015年5月10日。
実は、次の扉を開いた日でもあったのです。
17歳でバレエ留学をあきらめてからの約18年間。
宝塚という大舞台で自分自身を磨き上げ、頂点をつかんできたからこそ、新たな夢の扉を開くことができたのです。

本書では、トップとして、後輩たちに何を伝え、何を教え、何を残してきたのか。苦悩や重圧をどのように払いのけ、舞台に取り組んでいたのか。そして、宝塚での日々を経て辿り着いた更なる挑戦へ向かっていく姿を織り交ぜながら、著者の「考え方」「心の整え方」「コミュニケーションする力」「生き方」をエッセイにしました。
宝塚ファンだけでなく、女性リーダー、女性を率いる管理職、そして、夢をあきらめた人たちにも勇気と希望を与える1冊です。

Comments are disabled for this video.
When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...