Loading...

イタリアのマフィアとマフィア取締法

28,581 views

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Oct 6, 2011

マフィア(伊:Mafia)とはシチリア島に存在する犯罪者による秘密結社の通称。コーザ・ノストラとも言うがマフィアは『名誉ある男』であり『任侠道』をともない、コーザ・ノストラ(伊:Cosa nostra)は『(全て)我々のもの』を意味する秩序のない組織的な犯罪集団を意味するため一線を画す、またコーザ・ノストラは第2次世界大戦時にアメリカがラッキー・ルチアーノを大量の武器と共に強制送還しイタリアの内部崩壊を図った、そのときのルチアーノの傍若無人な振る舞いにより作られた言葉であるため、オメルタなど自戒のない新興犯罪組織のこととなる。19世紀より本拠地シチリア島から恐喝や暴力により勢力を拡大、市民生活にまで影響を及ぼす存在となる。20世紀における最も著名なシチリアの組織犯罪の固有名詞であるがゆえに、他の民族や他の地域の組織的な犯罪、暴力集団もマフィアと呼称されることとなる。
さらには、市場における規制の網をくぐる存在として匿名の投機筋も「金融マフィア」や「穀物マフィア」と呼ぶことがある。

イタリアのマフィア
1992年に、マフィアに対する捜査を率いて国民的人気を得ていたジョヴァンニ・ファルコーネ判事が、シチリア島のパレルモを車で移動中にサルヴァトーレ・リイナ指揮下のマフィアによって高速道路に仕掛けられた爆弾によって暗殺されたことで、イタリア国民のマフィアに対する怒りが頂点に達し、その後マフィアに対する取り締まりが強化したこともあり、近年では殺人などの凶悪犯罪は減ってきているとされる。しかし、代わりにみかじめ料(縄張り地域で営業する店舗から喝取する占有料)や法外な高利貸しなどで巨額の収入を得ている事から、イタリアのANSA通信(it:ANSA)は、マフィアを「イタリア最大の企業」だと皮肉っている。

イタリアの犯罪組織(広義のイタリア・マフィア)
シチリア島の「マフィア」が犯罪結社として有名になったため、コルシカ島のユニオン・コルス(コルシカ・ユニオン)、ナポリの犯罪組織「カモッラ(Camorra)」、カラブリアの犯罪組織「ンドランゲタ(Ndrangheta)」、プッリャの「サクラ・コローナ・ウニータ(Sacra Corona Unita)」、ローマの「シカーリオ」なども報道等では「マフィア」と呼ばれることがある(狭義においては区別される)。
地中海で謂う「ミリュー」とは、組織ではなく闇社会全般を指す。異色の経歴を持つ作家で映画人のジョゼ・ジョヴァンニが「ミリューの事を知らない人間が平気で語っている」と嘆じたのはこれである。

イタリア4大マフィア
ンドランゲタ :コーサ・ノストラと並ぶ、イタリア四大犯罪組織のひとつである。2009年現在におけるイタリアマフィアの最大勢力。
コーサ・ノストラ :狭義の「マフィア」である。イタリア四大犯罪組織のひとつであり、かつては最大勢力を誇っていたが、現在は幹部の大部分を逮捕され衰退傾向にある。
カモッラ :コーサ・ノストラと並ぶ、イタリア四大犯罪組織のひとつ。ナポリを中心として根を張っている。
サクラ・コローナ・ウニータ :イタリア四大犯罪組織のひとつ。約30団体/約1,800人を擁する。
*シチリアではマフィア(シチリア)とコーザ・ノストラ(その他新興勢力)とは区別される。

Loading...

When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...