Loading...

たっきーのフォレスとガンプ  ゲスト 屋宜 明彦【介護】医療介護福祉に特化したロングインタビューです。在り方生き方必見です☆

78 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Oct 8, 2018

皆さんこんばんは!
いつもいいねやコメントをいただき
誠にありがとうございます。

『たっきーのフォレスとガンプ』
の記念すべき第44回目のゲスト

□一般社団法人 心結 しんゆう
代表理事 屋宜 明彦

□番組キーワード
・放送は10月10日(水)の10時30分! 
・紹介者 高岡 寛明さん
・デジタルの落とし穴
・デジタル時代だけどもアナログも使う大切さ
・日本全国年間100本ほどセミナーをさせて貰っている
・セミナー依頼は風邪がひけない
・代表兼営業で契約を取って行く仕事をしている
・今日はスリーマインドのユニホームを着ています
・2016年8月に一般社団法人心結(しんゆう)を設立
・ブラジリアンワックス パンドラの一◯
・夜やったから髭生えてました
・心結の立ち位置として一般の方、高齢者、企業さんへおかたづけに関する啓発啓蒙としてセミナー、講演や執筆活動をしている
・遺品整理で困る人は残された家族さんなので元気なうちに整理しよう!
・親子間で情報共有ができていない
・今のうちに家族の会話にかたづけを入れる大切さ
・心も整理しながら物を片付ける
・財産、物、心の3つの軸で話す
・108歳のお爺さんが参加された
・遺品整理は今では普通になっている
・心と心を結ぶハブになりたい想いから立ち上げる
・かたづけは直ぐにできるけどやめてしまうのでテクニックだけではなくマインドもお伝えしている
・かたづけで困っている人や業界が非常に多い
・業界の課題やエンドユーザーのお困りごとも時代背景とともに変化している
・デジタル遺品問題をどう解決していくのか
・見せたいものと見せたくないものが混在している
・ひとはいつ死ぬのかわからない
・悲惨な現場になる前にどう準備をしたら良いのか
・業界の基準を作り健全化し社会的地位を確立する
・生前整理をする相談先として活用してほしい
・ピラミッド型より、横軸のパートナーとして異業種の仲間作りを展開している
・実務として、別法人で関西二府四県をエリアに活動をしています
・スリーマインドと心結の2つの顔を持つ男
・新聞社、社会福祉法人、地域包括支援センターなどから講演依頼があります
・みんなが求めている位置付けで講演では話をしている
・安定した収入が入るまでは動き回らないといけない
・ビジネススキームを作るのが好き
・ご自身が本当に動きにくくなる前に、今生活しているものが適正量なのか、本当に必要なのかを考えてみる
・生前整理に対するアドバイス
・日本一のおかたづけ事業団体を創る
・高齢者のお困りごとの総合窓口を創る
・趣味は家族と過ごす時間、エイサー、ブラジリアン柔術、筋力トレーニング、料理
・平成29年4月から毎日新聞朝刊に月一回一年間「家じまいの作法」で記事を執筆する
・エンドユーザーへは一般社団法人 心結のみを伝えている
・顔が濃いだけです
・こくちーず
・おかたづけアドバイザー、シニアコンシェルジュ
・もしもの時の緊急連絡先カードは常備薬の有無など高齢者向けに作成している

□番組内容
・つかみ
・自己紹介と事業紹介
・生前整理とは
・今の遺品整理の現状
・「もしもの時の緊急連絡先カード」の使い方と大切さ、作った理由
・セミナー参加者の声
・遺品整理をするきっかけ
・代表取締役の株式会社 スリーマインドとは
・これからのこと

□告知
☆人に迷

Loading...

When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...