Loading...

ルーシー(Lucy) Australopithecus afarensis

59,621 views

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Mar 28, 2018

https://iho.asu.edu/about/lucys-story

ルーシー (Lucy) は、1974年11月24日にエチオピア北東部ハダール村付近で発見された318万年前の化石人骨につけられた名前である[1]。アウストラロピテクス・アファレンシス(アファール猿人)の中で最初期に発見されたもののひとつであり、全身の約40%にあたる骨がまとまって見つかったという資料上の貴重さから、広く知られている。

モーリス・タイーブ (タイエブ、Maurice Taieb) を中心とする国際アファール調査隊 (the International Afar Research Expedition ; IARE) が発見し、当時流行していたビートルズの曲「ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ」にちなんで命名した。

ルーシーをはじめとするアファール猿人の化石人骨群が発見されたアワッシュ川下流域は、1980年にユネスコの世界遺産リストに登録された。

エチオピアの現地語ではディンキネシュ(dinqineš / Dinkinesh, 「貴女は驚異的だ」の意[3])という名前も与えられており、切手にもなっている[4]。

この猿人の発見は、類人猿に近い脳容量と人類に近い直立二足歩行を行なっていた痕跡を示す人骨という点で重要であるうえ、人類の進化において脳容量の増大よりも二足歩行が先行していたことを裏付ける証拠にもなっている[5][6]。ただし、他の研究の結果は、アファール猿人が現代人の直接的な先祖ではないことを示唆している[7]。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%...)

Loading...

to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...