Loading...

【神戸・湊川神社ー祈年祭2016】2月17日(水)11時から12時 まで~

462 views

Loading...

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Feb 17, 2016

湊川神社ホーム・ページより~
国のはじめ天照大御神は、この国土に天降られる皇孫の天津彦彦火瓊瓊杵尊に、これは青人草(国民)の食すべきもので、これを食して民族平穏にして国家繁栄に努めなさいと「稲」をお授けになりました。
それ以来、私達は、この教えを守って稲を作り、稲魂のこもった「米」を主食として来ました。
この稲作りをはじめるにあたり、自然の恵みに感謝し、予期しない諸々の災害を受けないように神々に祈り、ひたすら豊作を請い願うのが、祈年祭です。
 現今では、生活の多様化もあって、商工業全般の繁栄をも祈る祭となっております。
このお祭りは、全国の神社で、大祭という重儀の祭として行われます。
当社も、四大祭の一つとして斎行されております。
http://www.minatogawajinja.or.jp/fest...

【祈年祭・歴史】Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%...
本来は民衆が行う田の神への予祝祭であったが、中国の大祀祈殻の要素を取り入れ、律令国家祭祀として成立した。
7世紀後半の天武天皇の時代には既に記録があり、延喜式神名帳記載の全神社(3132座)が祈願の対象であった。
平安時代には形骸化し、神祇官の内部でのみ行う祭祀となった。
平安時代中頃になると、天照大御神を主に祀る祭祀と認識され、院政期には天照大御神を奉祀する天皇の祭祀として厳修された。
13世紀初め、鎌倉時代初頭の順徳天皇の『禁秘抄』では、祈年祭は伊勢神宮関係の祭祀とされた。
室町時代後半の戦乱期には、他の祭祀と同様に廃絶し、神祇官の伯を世襲した白川家が行うようになった。
江戸時代に入り、元禄年間に宮中での祈年祭の復興が企画されたが為らず、明治時代の神祇官復興により再開された。
祈年祭は重要な国家祭祀と位置づけられ、明治2年(1869年)からは、宮中および全国の官国幣社、あるいは民社でも、「大祭」として祈年祭が行われた。
第二次世界大戦後に日本の国家神道が解体されると、祈年祭から国家的祭祀としての性格は消え、宮中では天皇家の私的な祭祀として、他の神社でも通常の祭祀として斎行している。

カメラ撮影をしていた人が数名だけ、もっと多くの日本人に参加して欲しかった。
私も神戸に住んでいながら、見たのは今回初めてw
隣に「産経」の腕章をつけたカメラマンがいたが本当に嬉しい、他にマスコミ居たのか??
で、祈年祭の動画もあまり見ないし、私も初めてなのでポイント外しまくりかも知れないが一応作ってみた。
この神社は国旗を売ってはいたが、国旗を掲げていたか?見落としたのかも知れない。

Loading...

When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...