Loading...

天野之弥 国際原子力機関(IAEA)事務局長 2011.3.18

6,142 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Mar 18, 2011

*同時通訳です。左チャンネルから日本語、右チャンネルから英語が流れます。
English : Choose a right channel

Yukiya AMANO, Director General, IAEA

東日本大震災による福島原発事故の対策について協議するため来日した天野之弥IAEA事務局長が記者会見し、「福島原発は深刻な事故であり、日本政府は国際社会と連携して対応し、情報提供に取り組むことが必要だ」と述べた。

≪「福島原発がこれからどうなるかの予測は難しい。さらに重大化するだろうとか、おさまるだろうとかはいえない」≫
天野氏は18日来日し、菅直人首相らと会談した。IAEAの計測チーム4人も一緒に来日し、同日深夜から都内で放射線計測を始め、福島原発にも向かいたいという。事故がなぜ起こったか、事故後の対応にエラーがあったのかという質問に対し、「調査と評価は今後注意深く行われ、教訓を共有することになる。現在は何よりも原発の安全を回復することが優先される」と述べた。
チェルノブイリ事故との共通点を聞かれ「チェルノブイリとはかなり違う。福島は人為的な事故ではなく地震と津波による事故であり、原子炉の構造も違う。チェルノブイリは(燃料棒の)連鎖反応が起こっていて一瞬の大事故で黒鉛が激しく燃えた。福島は地震後、シャットダウンに成功したが、電源の停止や火災、水素爆発、容器破損、コア損傷の可能性とゆっくりと事故が進んでいる。したがって、チェルノブイリのような事故だ、というのは違う。だからといって、軽度というのではなく深刻な事故と受け止め対応しなければならない」と述べ、両者は違うとの考えを明らかにした。
原子力発電の将来について、「今回の事故が各国の政策決定にインパクトを与える」との認識を示したうえで、「人類は安全なエネルギー源と気候変動に対処できるエネルギー源を必要としており、原子力は選択肢のひとつだ。原子力の比率が今後、高まるか低くなるかは、価格、社会が受け入れるか、技術といった要素と並んで安全性も要素となって決まるだろう」と説明した。

司会 日本記者クラブ企画委員 瀬川至朗
同時通訳 長井 鞠子、大野 理恵(サイマルインターナショナル)

Comments are disabled for this video.
When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...