Loading...

おかげさまでありがとう:okagesama de aqrigato(2006年作)♦西本願寺・宗学院別科三部作 北條不可思"Japan" ©2009 【限定公開】

1,573 views

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Feb 12, 2010

『おかげさまで ありがとう』(2006年作)
北條不可思;"Japan" ©2009❝Official song leaves ❞
呈上 本願寺派勧学 内藤智康和上

宗学院別科:安心論題/二種深信 の講義をフックに
この詩曲が生まれる。

『 Watch & Thinking/見聞録』 2009年5月発表に収録
https://youtu.be/NEHUIBKcbac?list=PLd...
北條不可思 縁絆コンサート:フォトドキュメントリスト
ENBAN "縁絆" concert endlesstour PhotoDocumentaryList
http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-en...
野聖物語:眞信讃歌2009~http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-en...
北條不可思 Profile:プロフィール
http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-en...
*******


Produced by GURAGYU (愚螺牛)

Copyright © 2009
Special JION Music
Fantasia Records de JION MusicFactory

北條不可思*FUKASHI HOJO:YouTube(amitahouse)
http://www.youtube.com/user/amitahouse
FUKASHI HOJO "photofilm" 【YouTube】
http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-en...

FUKASHI guragyu HOJO
Shaku Nanshi(Priest Name)
【Born】
October 14, 1961
Hiroshima, JAPAN.
【Years active】
1981-present

Message Performing Artist
Song&BowzuMan
singer-song writer 
Priest(Shin Buddhism)
JODO SHINSHU
HONGWANJI-HA
SHINRAN-SHONIN's750th MEMORIAL
http://www.hongwanji.or.jp/

(facebook・フェイスブック)
https://www.facebook.com/fukashi.hojo

※2010年7月心原性脳梗塞(右小脳と脳幹)となるが、九死に一生を得る。

2011年7月には、息子・慈音が食事を詰まらせ、1時間以上にわたり

心肺停止という重篤な状態から一命を取り留める。

現在は、様々な援助を頂きつつ、在宅で一息一息を頂いている。

けして穏やかな日々とは参りませんが、

この生活「おかげさまでありがとう」の中から、

阿弥陀如来の

深い深い智慧と慈悲のはたらきを味わいつつ

歌い、そして語り続けている。




*
YouTube:AMITAHOUSE

http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-en...

宗学院別科 2004年安心論題御講師 

本願寺派勧学 内藤智康和上の

御講義受講を機縁に 作詩、作曲 呈上


宗学院別科三部作
http://plaza.rakuten.co.jp/fukashihoj...
縁絆コンサート エンドレスツアー2004
京都公演(龍谷大学大宮学舎本館講堂)
http://plaza.rakuten.co.jp/fukashihoj...
(宗学院)http://shugakuin.hongwanji.or.jp/

from Jion Music Factory:Office AmitaHouse;Produced by GURAGYU(愚螺牛)
http://fukashihojo.com/


おかげさまで ありがとう(以下歌詩掲載)

『おかげさまで ありがとう』

 作詩・作曲 北條不可思(2004)




人は何故にこんなはずじゃなかったと 

この世を怨んだりするのだろう 

人は何故にこんなはずじゃなかったと 

この身を歎いたりするのだろう

今は過去 今は未来 儚き無常の空の下で

それでもいつか聞いた願いを 

心の頼りに 「今」 歩いている

今は過去 今は未来悲しき無常の空の下で

それでもいつか聞いた声を

心の頼りに 「今」 歩いている

おかげさまで ありがとう 

「今」生かされているじゃないか 

おかげさまで ありがとう 「今」 おかげさまで ありがとう

***

人は何故に死にゆくこの悲しい身を 

見つめることができるのだろう 

人は何故に生まれしこの身を

見限ることができるのだろう

今は過去 今は未来 悲しき無常の空の下で

それでもいつか映した月影を

心の頼りに 「今」 歩いている

おかげさまで ありがとう 

「今」生かされているじゃないか 

おかげさまで ありがとう 「今」 おかげさまで ありがとう




おかげさまで ありがとう 

「今」生かされているじゃないか 

おかげさまで ありがとう 「今」 おかげさまで ありがとう

LYRICS&MUSIC WRITTEN BY FUKASHI HOJO

Recorded and mixed by Sun Ashow
Produced by GURAGYU
Copyright © Special JION Music 2006
Fantasia Records de JION MusicFactory


呈上
浄土真宗本願寺派
西本願寺・勧学 内藤智康和上

⋆*****⋆
縁絆・野聖メッセージコンサートでは、
洋装の法衣と帽子を着けることが多い
理由としては、戦争中 この法衣を着け 各宗派の僧侶が
銃器を携帯し従軍したそうだ。
愚生は、銃器ではなく、ギターを抱え
「命の尊厳」「心の平安」 「真の縁と絆」
をテーマに 非戦(悲戦)の深意を
詩曲に込めて  歌い語るという尊きご縁を頂き
深謝のおもい 言葉に尽くせない。
帽子については、愚生にとっては叔父にあたるのだが
彼は、脳膜炎で幼くして人寿を終えた。
息を引き取る前に帽子をかぶり
笑みを浮かべて5歳の人生が終わったそうだ。
このことへの言葉にならぬ愚生なりの表現。
そして、祖師『親鸞聖人の笠のお姿』への
"Song & BowzuMan”としてのオマージュ。

NAMO―WAMIDABUCHI

―北條不可思―
法名・釋難思
FUKASHI HOJO SONGS:北條不可思詩歌集
http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-en...
北條不可思 映像集
http://fukashi.blog50.fc2.com/blog-en...
Copyright © Special JION Music
*

Comments are disabled for this video.
to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...