読み込んでいます...

パンチェン・ラマ 消えた少年

視聴回数 9,341 回

読み込んでいます...

読み込んでいます...

読み込んでいます...

この動画に評価を付けるにはレンタルする必要があります。
この機能は現在利用できません。しばらくしてからもう一度お試しください。
2008/04/10 にアップロード

パンチェン・ラマ(པན་ཆེན་བླ་མ་、Panchen Lama)
ゲンドゥン・チューキ・ニマ(དགེ་འདུན་ཆོས་ཀྱི་ཉི་མ་)
1989年4月25日生まれ、

1989年1月28日にチベット自治区でパンチェン・ラマ10世が入寂した後に、ダライ・ラマ14世とチベット亡命政府はパンチェン・ラマ10世の転生霊童の探索を始め、1995年5月14日に当時6歳であったニマ少年というチベット族の男児をパンチェン・ラマ10世の転生霊童として認定をし、中華人民共和国に先駆けて発表した。
しかしながら中華人民共和国はチベット亡命政府の転生者認定を承認せず、チベット亡命政府とは別に転生霊童を探索した。ダライ・ラマ14世による新パンチェン・ラマ認定布告後の3日後に、ニマ少年は両親とともに失踪。当初、中国当局はニマ少年と両親の失踪との関わりを否定していたが、翌1996年5月28日に中国政府は「ニマ少年を保護する目的」で連行したことを認めた。中国政府は「ニマ少年は両親の要請に基づいて政府が保護している。ニマ少年は分裂主義者によって連れ去られる恐れがあり、身の安全が脅かされている」と保護の理由を説明している。連行から現在まで、外国の報道機関や人権団体など第三者がニマ少年と両親と面会することは中国政府に許されていないため、ニマ少年の安否に関して確実な情報が出ていない。
現在のニマ少年とその家族の消息については、個人情報保護を理由に中国政府は公表していない。ニマ少年の写真は1枚しか残っていない。連行当時、人権団体の中にはニマ少年を世界最年少の政治犯と認定していた団体も存在する。
なお、歴代のパンチェン・ラマが座主を務めてきたチベット自治区シガツェ市のタシルンポ寺には、現在は中華人民共和国によって認定されたパンチェン・ラマ11世(ギェンツェン・ノルブ)が住んでいる。そのため、パンチェン・ラマ11世が二人存在する問題が発生している。
(wikipediaより)

読み込んでいます...

自動再生を有効にすると、関連動画が自動的に再生されます。

次の動画


「後で見る」に追加するにはしてください

追加

再生リストを読み込んでいます...