Loading...

6歳児の夢「銃があればママを殺したい」

1,114,694 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Uploaded on Oct 30, 2011

新唐人チャンネル(NTDTVJP)登録はこちらからhttps://www.youtube.com/channel/UChqo...

【新唐人日本2011年10月31日付ニュース】"銃があれば、ママを撃ち殺したい"。中国のある幼稚園児が自分の夢をこう語りました。調査によると、中国では児童の多くが攻撃的だそうです。一方、親は子供が人にいじめられないよう、喧嘩の"技"を伝授するそうです。

浙江省のある幼稚園で年長クラスの園児たちが自分の夢を語り合いました。6歳の霊君の夢に、先生は唖然としました。

霊君はこう語ったのです。"銃があれば、ママを一発で撃ち殺したい"。

母親の朱さんは、腕白ざかりの息子によく体罰を加えていたそうです。でも、自分の出発点は子供への愛情からだと主張。しかし、息子の夢にはショックを隠せません。

ある作家は、中国の子供に対する教育に問題が生じていると指摘します。

中国の作家 李さん:「6歳の子供がこのような考えを持つのには再考する必要があります。真実でないにしても社会の要素に影響された結果です」

中国では、他人にいじめられないよう、親が喧嘩の技を子供に伝授するそうです。

浙江省のある心理科医師は、3歳から6歳までの幼児1732人に対し、調査を実施。結果、攻撃性を含む異常行動が見られた割合は13.2%だったそうです。

なぜ小さな子供が攻撃的になるのでしょうか。フリーライターの朱さんは、文化と道徳が物質の発展に追いついていないことを指摘します。

フリーライター 朱欣欣さん:「中国の子供は物質の急速な発展の中で、生活していますが文化が深刻にゆがんでいる環境の中に置かれています、同時に 祖父母の世代から3代にかけて、共産党一党独裁の党文化の中で成長しているため、最も基本的な人道主義の博愛精神の教育が欠乏しています。そうなると、おのずと次の世代にも影響を与えます」

また、今の学校は利益を求める道具と化し、人間性を育てる基本的な教育さえ欠けているため、中国の子供は暴力傾向にあり、しかも非常に深刻な状況だと指摘します。

2009年には、広州の小学一年生が "汚職官僚になりたい"と自分の夢を語りました。

フリーライター 朱欣欣さん:「根本的な原因から言うと信仰の欠乏です。信仰の欠乏とは何か、共産党が長年注ぎ込んだ無神論、道徳を何と見なしているのか。道徳を政治の道具にしたので、道徳はその神聖な源を失いました。また共産党は道徳と政治信仰を混同し。共産党のリードとイデオロギーに服従しないと不道徳と見なし、人類の普遍的な価値を認めません」

中国社会の道徳問題を根本的に解決するには、精神的な信仰を求める一方、信仰の自由を抑圧する一党独裁を打ち破るべきだとも指摘します。

新唐人テレビがお伝えしました。

http://www.ntdtv.com/xtr/gb/2011/10/2.... (中国語)
モラル,道徳,社会問題,信仰,一党独裁

Loading...


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...