読み込んでいます...

クロマシステムのボタン鍵盤構造

視聴回数 10,790 回

読み込んでいます...

読み込んでいます...

読み込んでいます...

この動画に評価を付けるにはレンタルする必要があります。
この機能は現在利用できません。しばらくしてからもう一度お試しください。
2007/03/30 に公開

【告知】
2009.12.4.原宿アストロホールにて
『クロマdeないと。Vol.4』開催!
★クロマを駆使するアーティスト達による無料Liveイベントです。
☆HPよりご予約頂ければ1ドリンクサービス!
※Live後クロマトーンにも触れられます。

《詳細・ご予約》
http://y2g.jp/ja/event091204/



----------------------------------
http://ameblo.jp/k-master/
一見独立したボタンに見えるが、実は一つの鍵盤(Key)に装着してあるだけなので縦方向のボタンは連動する...というか同一鍵盤なんだから当たり前だ。隣鍵盤のボタン位置を交互にずらす事で、半音程が斜めに隣接する。
ボタンも全て同じモノではなく、何段目のボタンかによって形状が異なる。コレにより鍵盤全体のアウトラインがアーチ状を形成するので、ピアノ鍵盤のように「奥が重い」と言うこともなく、5段目のボタンも変わらないタッチで弾ける。
========
It is a part of only advantages "a slide is possible, in all the chords", "for it to be easy to carry out same sound continuous hits", "a wholetone and chromatic glissando be easy", etc.
I think that fingering of a chord, a scale, or a phrase can use an advantage by parallel translation. For example, one form of m7 is the fingering same also as Am7 or F#m7. Similarly, Cmaj7 and Dbmaj7 are only shifted aslant.
You don't need to practice transcripted and the learned phrase of IIm7-V7 with all keys. While you practice only one phrase by "anykey", you can master 12 phrases.
**********
I am sorry to be unclear English. This is based on translation software.
========
「全てのコードにおいてスライドが可能」「同音連打がし易い」「ホールトーンとクロマチックのグリサンドが楽」等は利点の一部にすぎません。最大の利点はコードやスケールやフレーズのフィンガリングが平行移動で使えるということです。
例えば一つのm7のフォームはAm7でもF#m7でも同じフィンガリングです。同様に、Cmaj7とDbmaj7は斜めに一つずらすだけです。

あなたはtranscriptedそして覚えた「IIm7-V7」のフレーズを全てのキーで練習する必要はありません。
あなたがたった一個のフレーズを「anykey」で練習をする間に、あなたは12個のフレーズを習得することができるのです。
*****
これは翻訳ソフトによる訳です。分かり難い英語でごめんなさい。

  • カテゴリ

  • ライセンス

    • 標準の YouTube ライセンス

読み込んでいます...

自動再生を有効にすると、関連動画が自動的に再生されます。

次の動画


「後で見る」に追加するにはしてください

追加

再生リストを読み込んでいます...