Loading...

「確率的モデルによる歩行者の障害物回避経路予測」 日本大学 工学部 電気電子工学科 准教授  高梨宏之

265 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Mar 22, 2017

「日本大学 新技術説明会」(2017年1月17日開催)にて発表。https://shingi.jst.go.jp/list/nihon-u...

【新技術の概要】
自動車の予防安全技術をさらに向上させるために、歩行者行動を確率的に予測可能なモデル化手法を提案する。実データに基づき、歩行速度と歩行方向を確率分布に従ってモデル化することで、確率的に歩行者の移動経路を予測する。

【従来技術・競合技術との比較】
予防安全分野では、歩行者の動きを積極的に予測することは少なかった。また、衝突の危険が迫った限られた空間であることから、確定的に扱われることが多かった。移動経路を確率的に予測することで、歩行者の将来的な存在位置を、余裕を持ってドライバに提示することが可能となる。

【新技術の特徴】
・歩行者の動きを確率的に表現。
・障害物からの距離に応じた行動を表現することが可能。

【想定される用途】
・自動車の予防安全技術開発
・人混みを移動するロボットの経路生成

Loading...

When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...