Loading...

SOTAI Sotai-ho 操体法 般若身経

13,197 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Sep 25, 2009

操体法の基礎である「身体運動の法則」に基づいた『般若身経』(からだの使い方を世界で一番短いお経、般若心経になぞらえたもの)。操体法創始者、橋本敬三医師の書籍でも年月を追うに従って改良されている。このビデオは、橋本敬三医師の高弟、三浦寛(Dr. Keizo Hashimoto's best pupil, Hiroshi Miura)
門下の東京操体フォーラム実行委員メンバーによるものである。(出演 三浦寛、平直行他)

改良点:
自然体立位:足は腰幅(骨盤の幅が、足の内側となるように立つ。今まで「足は腰幅」のみで、果たしてそれが足底の内側にあたるのか、外側にあたるのか、それとも中央にあたるのか明記されていなかったが、様々な研究の結果、内側とした)。また、それぞれ利き手があることと、利き手がある故に中心軸にぶれが生じることがわかった。利き足は利き手の反対側の足であることから、利き手と反対の足を『半歩』、つま先を内側に向けて出すことにより、利き手によるぶれを解消した。加えて、足を半歩出した後、骨盤を定位置に軽く戻すことによって中心軸を整えた。
ここから背筋を軽く伸ばし、目線は正面の一点に据え、膝の力をほっと軽く抜くと、拇趾の付け根(拇趾球)に体重が乗る。

・右利きの場合。前屈、左右捻転、左右側屈の場合、左足を半歩前に、つま先を内側気味にしてふみ出す
・左利きの場合。前屈、左右捻転、左右側屈の場合、右足を半歩前に、つま先を内側気味にしてふみ出す
(左右捻転、左右側屈で足を踏み換えなくともよい)

後屈に限っては、右利きの場合は右足を半歩前につま先を内側気味にして踏み出す。左利きの場合は左足である。これは、後屈した場合も体重が利き足にかかるようにするためである。

前屈、後屈の場合、従来はからだの中心腰の重心が前後に移動する、つまり腰から移動していたが、今回は操体法の動きの基本である『末端から動く』を踏襲して、
前屈の場合:半歩前に出した足(利き手と反対)の拇趾球を前方に向かって押し込む
後屈の場合:半歩前に出した足(利き手と同側)の拇趾球を前方に向かって押し込む

としている。からだを起こす際は前屈、後屈とも押し込んだ足底を同様に前方に押し込むと、からだが起きてくる。
側屈、捻転は従来通り拇趾球を床に押し込むようにして足(末端)から動きを起こす。

Loading...

When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...