JP

Loading...

時ネタ【20150909_芸能ニュース】支離滅裂ハーフモデル・滝沢カレン

1,229 views

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Sep 9, 2015

支離滅裂ハーフモデル・滝沢カレン

●滝沢カレン

父がウクライナ人、母が日本人というハーフの彼女は、
2008年に「Seventeen」(集英社)の“ミスセブンティーン”
に選ばれたことがきっかけでモデルとしての活動を始め、
その後「JJ」(光文社)、「Gina」(ぶんか社)にも登場。



『さんま御殿』出演時、共演者から
「いつから日本で暮らしているのか?」
と聞かれるほど日本語がたどたどしかった彼女だが、
今回もそれは変わらず。

“絶対に結婚したくない異性”というトークテーマで、

「嫉妬がやばすぎる男性がとにかく苦手」

と元彼の話をしたカレンは、

「元彼はストーカーになると確信に得ていた」

「元彼からすごいやばいメールさんが届いた」と、

独特な言葉遣いで共演者を困惑させた。



百戦錬磨のMC・明石家さんま(60)
もさすがに疲労を覚えるほどで、
「あなたみたいなのでも芸能界ってテレビ出れるの? 
今までの俺の努力はなんやったんや」
「日本から出て行けもう!」と

激しくツッコんでいた。



今やハーフモデルバラエティーで自在に喋り、

「敢えて批判されそうなことを言う」

「敢えてバカ発言をする」

「敢えて非常識ぶりをアピールする」

などの仕事が当たり前になっている。


よっぽどの抜きん出た個性がないと、
年にわたってバラエティ番組に呼ばれ続けるポジションは
確保できない。

滝沢カレンは

“たどたどしい日本語ウリ”

でどこまで通用するのだろうか?

引用・抜粋:BIGLOBEニュース

Loading...


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...