Loading...

『紙の月』予告篇

371,227 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Sep 12, 2014

映画『紙の月』予告篇です。
2014年11月15日(土)全国ロードショー

【作品概要】
作品名;『紙の月』
原作;「紙の月」(角田光代・角川春樹事務所刊/第25回柴田錬三郎賞受賞)
監督;吉田大八(『桐島、部活やめるってよ』『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』)
脚本;早船歌江子(『ラッキーセブン』『未来日記』)
制作プロダクション;ROBOT
配給;松竹
公開;2014年11月15日(土)全国ロードショー
出演;宮沢りえ、池松壮亮、大島優子、田辺誠一、近藤芳正、石橋蓮司、小林聡美 

【物語】
バブル崩壊直後の1994年。夫と二人暮らしの主婦・梅澤梨花は、銀行の契約社員として外回りの仕事をしている。気配りや丁寧な仕事ぶりが上司や顧客に評価され、何不自由ない生活を送っているように見えた梨花だったが、自分への関心が薄い夫との間には、空虚感が漂いはじめていた。そんなある日、梨花は年下の大学生・光太と出会う。光太と過ごすうちに、顧客の預金に手をつけてしまう梨花。最初はたった1万円を借りただけだったが、金銭感覚と日常が少しずつ歪みだし…。

Comments are disabled for this video.
When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...