Loading...

中村俊輔 レッジーナのエースになった日 Shunsuke Nakamura Reggina

331,432 views

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Jul 9, 2015

中村俊輔 レッジーナのエースになった日 Shunsuke Nakamura Reggina

中村俊輔のレッジーナvsインテル。
強豪インテルを相手に、中村俊輔のレッジーナがどこまで出来るか。

中村俊輔のレッジーナでの評価を左右する試合。

インテルには、レコバ、ヴィエリ、クレスポ他、そうそうたるビックネームの選手がいました。

レッジーナのホームゲームということもあり、中村俊輔がレッジーナの10番にふさわしいかどうか、サポーターの前で見せなければならない。

インテルのリザーブで、先発出場したヴィエリと交代で入った、エルナン・クレスポのアシストで、アルバロ・レコバが試合終了間際にゴールをきめる活躍で、2対1のスコアでインテルの勝利。

それでも、中村俊輔のレッジーナでの評価が上がった試合となった。

レッジーナ時代
2002年5月、2002 FIFAワールドカップ日本代表への招集が有力視されていたが、代表合宿で痛めていた足首のケガが長引いたことや、当時の日本代表監督であったトルシエの選考基準に合致しなかったことなどで落選した。ケガが癒えた直後の同年7月、イタリアのセリエAのレッジーナに移籍、レギュラーを確保しプレイスキックを任され、7得点をあげてセリエA残留に貢献した。
2003年6月、FIFAコンフェデレーションズカップ2003で、3得点をあげ『ブロンズシューズ賞』を受賞。2003シーズンは出来うる限り代表戦に出場したがコンディションを崩してしまったこと故障を繰り返したことが響いてリーグ戦出場は激減してしまった。
2004年2月、横浜マリノス時代のチームメート奥大介の夫人・佐伯日菜子(当時)の紹介で知り合ったタレント経験のある元ペットショップ店員と結婚。同年7月、8月に行われたアジアカップ中国大会では、最優秀選手に選ばれた。
セリエA3年目となる2004-2005シーズンは、終盤数戦こそ恥骨炎や膝の負傷などで途中出場があったがほぼスターティングメンバーとして戦いクラブ創設以来の最高順位に貢献。2005年3月にはガゼッタ・デロ・スポルトからレジーナの歴代ベストイレブンに選出された。同年6月、FIFAコンフェデレーションズカップ2005で、1得点2アシストをあげベストイレブンに選出。セルティックFCの監督、ストラカンにプレーを高く評価されセルティックに移籍することとなった。

Loading...

When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...