Loading...

プレーリードッグを撫でました(追記あり)

164,094 views

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on May 8, 2016

うちの子を愛でる午後の昼下がり。

ご視聴ありがとうございます。
この子の名前は檸檬。2010年春生まれの女の子で、私にとって4代目のプレーリードッグでした。
その檸檬さんですが、2017年9月11日夜に天国へ旅立ちました。
同年5月に舌の腫瘍が見つかり、悪性の扁平上皮癌で既に手術不可能な状態でした。
およそ3か月間にわたる闘病生活のうち、本当につらかったのは9月に入ってからでしたが
いよいよ安楽死の決断に迫られた日の翌朝、
檸檬は昏睡状態に入り、そのまま三日間眠りながら過ごして
11日の夜に呼吸が止まりました。
6歳半でした。プレでは高齢といえる年齢ではありますが
この病気に罹らなければ、もっと長生きさせてあげられたのに。
扁平上皮癌になる原因について色々調べてみましたが
まだはっきりとした原因は解明されていない様です。
この病気で苦しむ動物が少しでも減ってくれることを願っています。



檸檬という子は、少しシャイだけどとても活発、暴れん坊で
壊された家具や日用品は多数。
しかし賢い子で、同居の犬猫とも適度な距離感で
共存できておりました。

今はもう新たにプレーリードッグを迎え入れようと思いません。
その理由ですが、まず診察できる病院が近くにない。
飼育が難しい。小さいけど品種改良されない野生動物だから底力が凄い。
本気で噛まれると流血どころか大怪我になる。下手すると後遺症が残る。
甘えん坊な性格だけど、構ってやれなかったりする時期があると自傷行為に出る。
何の前触れもなく突然キレて噛む、引っ掻く(一応は手加減)まったく意味不明。
部屋に出して遊ばせるには齧られてはダメな物すべて片付ける、飼い主は傷を作りたくないなら長袖長ズボン着用。
などなど、とにかく安易に飼える動物ではないのです。

そして何より、ある日檸檬を部屋んぽさせていた時。
檸檬を膝に乗せてひたすら撫でていたら
「私にとってこの子が最後のプレさんだな」
ってふと感じたから。

だからもうプレーリードッグと暮らすのは檸檬でじゅうぶん満足。
檸檬ありがとう。

Loading...

When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...