Loading...

エスノローグNo.4 "茅屋"〜杜甫の詩に依る〈作曲 田中修一 詩/杜甫〉【2012/2013・初演】

237 views

Loading...

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Jan 28, 2014

2014年12月1日(日)、早稲田奉仕園スコットホール/第18回「トロッタの会」より

エスノローグNo.4 "茅屋"〜杜甫の詩に依る
〈作曲 田中修一 詩/杜甫〉【2012/2013・初演】
バリトン篠原大介/ ヴィオラ/神山和歌子 ギター/萩野谷英成

【曲紹介】
杜甫は詩でしか自身を表現できない不器用な男だった。"自分には詩しか無い"という気魄にひかれる。
此の作品では杜甫の詩を、漢文訓読では無く日本語の翻訳で構成した。作品中に「大庇天下寒士俱歡顏,」を「寒さにふるへる人と歡びあひたい。」としたが、「寒士」は本来「貧乏学者」といった程の意である。ピアノ伴奏版も有り。〈田中修一〉

  • Category

  • License

    • Standard YouTube License

Loading...

When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...