Loading...

04 光念寺

1,495 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Mar 23, 2012

4 「舟ばたや 履ぬぎ捨つる 水の月」俳人青蘿ここに眠る 光念寺 真宗の寺院で、本尊は阿弥陀如来です。慶長元年(1596年)本多西賢の創始といわれています。境内には俳人松岡青蘿の墓・顕彰碑があります。三代龍心の妻は赤穂義士、原惣右衛門の妹であることから、惣右衛門ゆかりの書状や枕屏風(源平屋島合戦)、大石良雄の桜石が残っています。
ちょっとワンポイント 江戸時代の俳人・松岡青羅
松岡青羅は、江戸時代中期に活躍した俳人です。姫路藩士でしたが、出家した後に俳諧師となり、諸国を遍歴し句作に励みました。加古川の大庄屋・中谷慶太郎に与えられた庵を「栗本庵」と名付けて住み、諸国の俳人と交友し、与謝蕪村と並ぶ名声を得ました。
加古川観光協会ホームページURL:http://kako-navi.jp/

Loading...

When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...