読み込んでいます...

議会史に残る感動の名演説(前半)

視聴回数 1,732,877 回

読み込んでいます...

読み込んでいます...

文字起こし

インタラクティブな文字起こしテキストを読み込めませんでした。

読み込んでいます...

読み込んでいます...

この動画に評価を付けるにはレンタルする必要があります。
この機能は現在利用できません。しばらくしてからもう一度お試しください。
2008/07/14 にアップロード

2007年12月22日に亡くなられた民主党の故山本孝史参議院議員に送られた追悼演説です。
発言者は自民党参議院議員会長の尾辻秀久(元厚生労働大臣)議員。
尾辻氏は「最も手ごわい政策論争の相手だった」と述べ、また党派の垣根を超え、がん対策や自殺対策に奔走したことを偲んだ。
通常国会議員逝去の場合、属する院において失礼ながら事務的に追悼演説が行われるが、これほどまでに気持のこもった演説は過去に例がありません。

読み込んでいます...

自動再生を有効にすると、関連動画が自動的に再生されます。

次の動画


「後で見る」に追加するにはしてください

追加

再生リストを読み込んでいます...