Loading...

つぶして削ろう!【日商簿記1級独学応援!002】

11,465 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Apr 9, 2012

【チャンネル登録はこちら!】https://www.youtube.com/channel/UCtSo...
簿記1級スピード合格の秘訣 https://bokikaikei.info/freeboki1.html
日商簿記検定対策講座 https://bokikaikei.info/

日商簿記1級の合格を目指して、日々がんばっている方たちを、ささやかならが柴山のアドバイスと応援メッセージで少しでも元気づけたい!と思います!!

第2回目は、「積み上げ型の学習」と「つぶして削る型の学習」、どちらのコンセプトが長続きしやすく、合格までモチベーションが維持しやすいか、というテーマでお話しています。

人は、本能的に「何かを積み重ねる」よりも「そこにあるものを壊す」方が、快感を得やすいようにできているのではないでしょうか。
子供のころ、砂場で作った山とかお城とかをしゃべるとか木の枝とかでたたき壊したり崩したりした時、「ああ~気持いい!」という経験をしたことがあることでしょう(私だけじゃないですよね...たぶん(笑)。

勉強も同じで、乗り越えるべきカベを設定して、それをひとつひとつ解いて、カベを打ち破る感覚でいくと、わりと勉強に対する億劫な気持がやわらぎます。私は受験生の時、解くべき問題を、「合格というゴールに立ちはだかる悪役キャラ」みたいに定義して、「現金預金の敵(例題)を3匹(3題)やっつけたら、×をつけてその問題を削除!」みたいに出来た問題をひとつずつつぶして除外し、3~4回転目にすべての敵(例題)をやっつけて、簿記に自信が持てるようになった!みたいな経験があります。

1級の勉強期間は、短くても半年程度と、長期にわたるので、その間、モチベーションを維持するのが大変ですよね。

今回のお話が、すこしでもご参考になれば幸いです。

なお、第2回から、「今週のto do」と題して、その週に取り組んでみて
欲しい課題を、ひとつ、思いついた時にご提供してみたいと思います。
(思いつかないときはごめんなさいね(笑))。

毎日、少しずつでも簡単な問題でもいいから、簿記の問題に触れ続けることが、一番大事だと思いますよ~。

さあ!今日も(あしたもあさっても!)一緒に頑張りましょう!!


※ご相談・お問合せ→ http://bokikaikei.info
上記サイトのお問合せフォームより、お願いいたします。

柴山政行

Loading...


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...