Loading...

H20-3 代理 宅建みやざき塾 重要過去問題 権利関係

11,042 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Jul 10, 2012

H20-3
AがBの代理人としてB所有の甲土地について売買契約を締結した場合に関する次の記述のうち、 民法の規定及び判例によれば、 正しいものはどれか。
1 Aが甲土地の売却を代理する権限をBから書面で与えられている場合、 A自らが買主となって売買契約を締結したときは、 Aは甲土地の所有権を当然に取得する。
2 Aが甲土地の売却を代理する権限をBから書面で与えられている場合、 AがCの代理人となってBC間の売買契約を締結したときは、 Cは甲土地の所有権を当然に取得する。
3 Aが無権代理人であってDとの間で売買契約を締結した後に、 Bの死亡によりAが単独でBを相続した場合、 Dは甲土地の所有権を当然に取得する。
4 Aが無権代理人であってEとの間で売買契約を締結した後に、 Aの死亡によりBが単独でAを相続した場合、 Eは甲土地の所有権を当然に取得する。


宅建みやざき塾で、しっかりと理解して、上手に整理しておきましょう!

宅建試験を最短距離で攻略!
☆わかりやすくて、スッキリ整理!☆
☆最高の教材を使って、今年の試験に、絶対合格しましょう!☆
宅建みやざき塾(DVDなど)
http://takken-miyazakijuku.com/index....

みやざきの宅建ブログ 『宅建合格らくらくナビ』
http://blog.goo.ne.jp/miyazakisensei-...

制作協力:second-card

Loading...


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...