Loading...

著者と語ろう:ジュリアン・バーナード氏 4/9

210 views

Loading...

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Jan 31, 2016

2015年9月24日 オンライントーク・イベント「Talk with the Author; 著者と語ろう」(4)
●『バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき』の著者 ジュリアン・バーナード氏によるオンライン・トークです。 ~フラワーレメディーの開発者、バッチ博士の誕生日によせて④ ~
http://fremedy.main.jp/ または「バッチ はたらき」で検索
------
Q&A
*フラワーレメディーの共鳴している心の状態を知るとともに、あわせて大自然の摂理、宇宙の不変の法則などを伝えていくことが大切と思うのですが、(ジュリアンさんは)どのようにお考えですか?

*人間の意識が精妙になればなるほど、共鳴したフラワーレメディーが表面意識の領域だけでなく、潜在意識の領域に働きかけ、直感、ひらめきなどの体感によりメッセージを感じるということが今までわかってきましたが、意識の進化、向上を目的にフラワーレメディーを使用している実例などありますか?

*バッチ・フラワーレメディーと他の代替医療とのコラボレーションに関して

*悲しみを通して清められるという(バッチ博士の)ウォーター・バイオレットの記載がありますが、それはどんな感覚を持ってこの文章に至ったのですか?

This video is of the online event “Talk with the Author: Mr Julian Barnard, Author of “Bach Flower Remedies Form and Function,” held on the occasion of Dr Bach’s Birthday, September 24th, 2015 (Part 4)

Loading...

to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...