JP

読み込んでいます...

真空管ラジオのブーン音はどこまで小さくなるか?(残留ノイズ0.4mVのIF2段ラジオ)

1,791 回視聴

読み込んでいます...

読み込んでいます...

文字起こし

インタラクティブな文字起こしテキストを読み込めませんでした。

読み込んでいます...

読み込んでいます...

この動画に評価を付けるにはレンタルする必要があります。
この機能は現在利用できません。しばらくしてからもう一度お試しください。
2016/12/12 に公開

IF2段のラジオ(バーアンテナ式)で放送局鉄塔から40km離れた鉄筋コンクリート建屋内で受信中。単にノイズレベル確認の動画(残留ノイズは0.4mV) 。音からわかるようにシリコンブリッジ整流。IFは2段で残留ノイズは0.4mV。貴殿のラジオでは残留ノイズはいくつですか?。ここまで静かですか?
メーカー製真空管ラジオ(IFは1段)では3mV~10mVの残留ノイズ(実測値)なので、本機ではそれらよりS/N15dB~25dBほど良好。メーカー製よりもラジオノイズが低いので自作経験の浅い方は感度不足と誤って捉える。このクラスの低残留ノイズラジオの製作実績はまだ70台程度。 先ずは私と同じ残留ノイズにまで下げ、S/N良いラジオを数台製作してから、批評願います。
自作での通算ラジオ数はまだ120台。

読み込んでいます...

自動再生を有効にすると、関連動画が自動的に再生されます。

次の動画


「後で見る」に追加するにはしてください

追加

再生リストを読み込んでいます...