Loading...

エスノローグNo.6 "刺客傳"〜木部与巴仁の詩に依る〜 2014・初演

128 views

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Jul 19, 2014

ETHNOLOGUE No.6 "Biographie de l'assassin"(Poem by KIBE Yohani) for Bass Solo and Piano, Contrabass

作曲・田中修一/詩・木部与巴仁

「エスノローグ」とは民族譚といった程の意の題名です。此の作品では司馬遷の『史記・刺客列傳』を参考に木部与巴仁氏が作詩した「組曲・刺客列伝」から「曹沫篇」を抜粋して旋律化を試みました。『史記』には曹沫・専諸・豫譲・聶政・荊軻5人の刺客の伝記が収められており、「士は死するなり おのれ知る者のため」は晋の豫譲の言葉ですが、刺客の象徴として採用しました。曹沫もまた、君主に愛されつづけた数少ない幸せな臣であったといいます。今後「組曲・刺客列傳」全篇の音楽化を考えております。
追記・エスノローグ No.5も脱稿しておりますが、プログラム構成の関係上、今回はNo.6をお届けしました。「エスノローグNo.5 "佛陀"~萩原朔太郎の詩に依る」はトロッタ21あたりで御披露できるとおもいます。御期待くださいませ。〈田中修一〉

バリトン*篠原大介 ピアノ*河内春香 コントラバス*中村尚子

「刺客傳・曹沫」
組曲・刺客列伝(*原詩の題名) 木部与巴仁

其の一

士(をとこ)は死するなり おのれ知る者のため

彼あり
心 猛くして
力 大なり
三度び戰(いくさ)に敗れ
和睦の席につく
敵(かたき)となす王に向かふや
彼 匕首を手に迫るなり
その姿
生命(いのち)を捨つる覺悟明らか

怒りををさめ
奪ひし土地を還(かへ)すと誓ふ

士(をとこ)は死するなり おのれ知る者のため
(2012.6.27)

Loading...

When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...