Loading...

「鼻の日」和田淳アニメーション作品 Hana no hi (Day of Nose), Atsushi Wada

58,641 views

Loading...

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Uploaded on Jan 12, 2009

Hana no hi (Day of Nose), Atsushi Wada, 10min., 2005, animation

●山村浩二セレクション上映会/現代アニメーションの世界
「あざみ野コンテンポラリーvol.1 イメージの手ざわり展」上映会
2011年2月19日(土)・2月26日(土)各回14時〈会〉横浜市民ギャラリーあざみ野 レクチャールーム〈出品作家〉一瀬皓コ、植草航、大川原亮、奥田昌輝、クリハラタカシ、銀木沙織、新海岳人、中田彩郁、早川貴泰、平山志保、横田将士、和田淳、山村浩二 ※詳細HP http://artazamino.jp/organized-events...
*************
情報誌「ヨコハマ・アートナビ」では、世界的なアニメーション作家の山村浩二さんがオススメする若手アニメーション作家を、2009年4月~2010年3月まで毎月1名ご紹介しています。
和田淳さんの作品「鼻の日」は2009年5月号表紙へ掲載。和田さんへのインタビュー記事は、「ヨコハマ・アートナビ」WEBサイトに掲載中→
http://www.yaf.or.jp/magazine/2009/
●【作品】:「鼻の日」、2005年、10分、アニメーション
●【プロフィール】:和田淳(わだ あつし):1980 年神戸生まれ。大阪教育大教養学科美術コース卒業。2004 年『蠕虫舞手』ASK 映像祭2004 大賞受賞、05 年『蠕虫舞手』文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品、『鼻の日』バンクーバー国際映画祭招待上映、06 年『鼻の日』文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品/イメージフォーラムフェスティバル奨励賞/オーバーハウゼン国際短編映画祭コンペ入選/ノーウィッチ国際アニメーションフェスティバルShort Film部門Best Short Film受賞。現在、東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻在籍。間を測るのが好きで、日本間隔測定協会を思いきって空想上に設立。実現をめざしている。
●上映情報
ヨコハマ国際映像祭2009 セレクションプログラム
「現代日本のアニメーション集」山村浩二セレクション
2009/11/7(土)15時、11/23(月・祝)15時 上映作品:『鼻の日』〈会〉東京藝術大学大学院映像研究科馬車道校舎
詳細→ヨコハマ国際映像祭2009 http://www.ifamy.jp/
●【山村浩二さんからの推薦コメント】:和田作品は、細い線で描かれた繊細な絵と、デリケートな効果音で見るものを引きつけていく。無表情の登場人物が儀式にも似た動作を繰返すうちに、予想を越えていながら、なぜか納得してしまう展開が起こり、その瞬間独特のユーモアが立ち上がる。本人が大切にしている「間」が、一瞬の思考停止を促し、我々が言語を獲得すると共に心の奥底に追いやってしまった原始的な感覚が覚醒して、こちょこちょとどこか変な部分をくすぐるのだ。(2009年4月山村浩二)

Loading...

When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...