Loading...

H17-3 代理 個数問題はチャンス! 宅建みやざき塾 重要過去問題解説講義

7,725 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on May 27, 2013

知っていますか?個数問題はチャンスです!

H17-3
買主Aが、 Bの代理人Cとの間でB所有の甲地の売買契約を締結する場合に関する次の記述のうち、 民法の規定によれば、 正しいものはいくつあるか。
ア CがBの代理人であることをAに告げていなくても、 Aがその旨を知っていれば、 当該売買契約によりAは甲地を取得することができる。
イ Bが従前Cに与えていた代理権が消滅した後であっても、 Aが代理権の消滅について善意無過失であれば、 当該売買契約によりAは甲地を取得することができる。
ウ CがBから何らの代理権を与えられていない場合であっても、 当該売買契約の締結後に、 Bが当該売買契約をAに対して追認すれば、 Aは甲地を取得することができる。
1 一つ  
2 二つ  
3 三つ  
4 なし

今年の宅建試験合格に、ぜひお役立てください♪
いっしょにがんばって、絶対に合格しましょう(*^^)v

宅建みやざき塾(DVDなど)
http://takken-miyazakijuku.com/index....

みやざきの宅建ブログ 『宅建合格らくらくナビ』
http://blog.goo.ne.jp/miyazakisensei-...

Loading...


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...