Loading...

南京錠を破壊!!breaking a padlock

10,846 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Jul 24, 2009

南京錠を、巨大なバールを使い破壊してみました。

Wiki

南京錠(なんきんじょう、パドロック・パッドロック Padlock とも[1])は持ち運び可能な錠前で、何らかの資産を窃盗、ヴァンダリズム、破壊活動、不正使用などから守るのに使われる。力ずくで不正に侵入しようとするのをある程度防ぐよう設計されている。

日本における南京錠という名は、近世において、外国由来のものや[2]、珍しいものや小さいものが[1]「南京」を冠して呼ばれたことに由来する。

南京錠は、本体、掛け金(ツル)、錠前機構から構成される。掛け金は一般にU字形の金属で、それを守る対象物に引っ掛ける。開錠した状態では、掛け金の一方が本体と離れてスライドしたり回転したりする。中には、直線的な掛け金、円形の掛け金、鎖やケーブルなどの形が定まっていない掛け金もある。開錠すると掛け金が本体と完全に分離するものもある。

南京錠の錠前機構は、本体に組み込まれたものとモジュール化されていて分離・交換可能なものがある。組み込み型の機構としてはディスクタンブラー錠(スカンジナビア式の南京錠に見られる。鍵によって回転させられたディスクが掛け金の先端にある切り欠きとかみ合って施錠する)やレバータンブラー錠(同じく、正しい鍵を回すとボルトが掛け金の切り欠きとかみ合って施錠する)がある。組み込み型の南京錠は分解できない設計になっており、古い南京錠に多い。また、施錠時にも鍵を必要とすることが多い。

現代のモジュール化された南京錠では、タンブラーが直接掛け金を固定するわけではない。その代わりに掛け金の切り欠きとかみ合う機構を解放するときだけ鍵を回す必要があるような構造になっている。つまり、施錠の際は掛け金を本体に押込むだけでよい。また分解が可能な設計になっていて、錠前機構部分を交換することができる。この場合の錠前機構としてはピンタンブラー錠、ウェハータンブラー錠、ディスクタンブラー錠がよく使われる。

Loading...

Advertisement

to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...