Loading...

東京操体フォーラムセミナーより(両手合掌回旋)

1,435 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Feb 11, 2010

2010年2月11日、行徳ゴールドジムで開催された「臨床家による操体セミナー」より。仰臥膝二分の一屈曲位にて両手を挙上し、右に回旋させる。すると、腰が左側に捻転、膝が左側に捻転してくる。全身形態が連動してくる。この過程が「動診」すなわち「診断」にあたり、動きのプロセスの中で快適感覚をききわけられるかどうかがポイントである。なので、「きもちよさを探して動いている」のではない。動きという「診断」を通して快適感覚の有無を確認しているのである。そして、きもちのよさがききわけられたら(診断成立)、そのきもちよさを味わい、そのきもちよさでからだを操るのが「操法」すなわち「治療」にあたる。一連の動診と操法の終了後、指導者(三浦寛)は、「回数の要求をからだにききわけて」と問い、被験者(岡村郁生:東京操体フォーラム実行委員長)は、「ありません」と答えている。快適感覚と操法の回数は反比例するのである。快適感覚のないもの(例えば楽な動き)は、2回~3回と、操者が回数を決めるが、本当に快適感覚を十分に味わうと、からだはそれ以上の回数の要求をしてこない。なお、このデモンストレーション終了後、参加者にもこの動診操法を体験していただいたが、「操体で言うきもちよさということが良く分かった」という声や「思わず寝てしまう程きもちよかった」という声が聞かれた。なお、快適感覚のききわけにもある程度の学習は必要である。その場合は、このように熟練した指導者の言葉の誘導が有効である。

Loading...

When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next

to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...