Loading...

「魔法壜」【2014 初演】*据え置きカメラ版

115 views

Loading...

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Apr 16, 2015

作曲・酒井健吉/詩・木部与巴仁「魔法壜」より
*本動画は据え置きカメラで撮影したものです。左端の詩唱者が映っていません。別に、手持ちカメラで撮影した動画を掲げますので、そちらでご確認ください。

2009年1月3日の詩である。当時、何を考えていたのか思い出せない。妻の手で魔法壜に閉じこめられ、上野公園に行くなど、ふざけた詩である。「苦しいなら緩めてあげる/蓋の隙間から息をしてなさい」とは! 詩は何でもできると思っていたのだろう。可能性を感じていた  。しかし、それは確かで、詩は何でもできなければならない。詩を制限するものなどないはずだ。可能性を狭めるのは、他者ではない、自身である。酒井さんが詩の可能性を思い出せてくれるはずだ。〈K〉

詩唱*木部与巴仁
クラリネット*藤本彩花
ヴィオラ*伊藤美香
打楽器*稲垣佑馬
ピアノ*森川あづさ

 魔法壜
   木部与巴仁

いうことを聞かないなら
魔法壜に入って!
上野公園に行きましょう
久しぶりの青空
何て気持ちのいい九月
たくさんの人と
たくさんの動物たち
たくさんの木が生えて
でもあなたには関係ない
暗がりにじっとして
苦しいなら緩めてあげる
蓋の隙間から息をしてなさい



お姉さん
お姉さんお姉さん
一本分五百円!
上野駅から出たとたん
男に手招きされた
美味しいコーヒーだよ
魔法瓶で持ってって!
コーヒーメーカーをテーブルに乗せた
屋台のコーヒー屋という風情
魔法壜を差し出す
ドボドボドボ
黒い液体を
なみなみ注いで返してくれた
ヴーグーゴー
あら 泣いてるの?
泣かされたのは私じゃない
せっかく上野まで来たのに
動物園はすぐそこよ



「これより喫煙席」
公園の真ん中に
こんな立札を立てて
何様?
椅子に腰かけて足を組み
男が煙草を吸っていた
ハンチングをかぶり
口髭を生やし
これみよがしに煙を吐き出す
やりすごそうとして驚いた
「あちらは禁煙席」
立札の裏に
真赤な文字で書いてある
ははあ
世の中に対して
自分の居場所を示したい
つまりはそういう意思表示なのだ
太鼓の音が聴こえてくる
トランペットが混じっている
ソプラノの声もした
コーヒーを飲もう
美味しかった
生まれて初めての味
魔法壜からは
もう何の音もしていない



ピクニックに行きたい
ねえピクニックに行こう
三年前のこと
あてなどないのに
言葉の響きだけにひかれて
私はあなたに提案した
ああいいよ
じゃあ今度の日曜日
魔法壜を買ってくれたね
誕生祝いだといって
私は三十一歳になろうとしていた
お弁当をこしらえて
帽子とワンピース
歩きやすい靴を用意して
でも日曜日は台風だった
意地になって八王子まで行った
そこから先は行けなかった
土砂崩れがあった
線路が水につかって
家まで流された
ホームのベンチに
私たちはずっと座っていた



「準備中」
動物園の一角
塀とガラスに囲まれた
山があり谷もある
広々とした土地
「準備中」
何もいない
ガムテープでとめられて
白い紙が風に揺れる
ママーいないよー
何だ何もいねえじゃん
ねえ何ここ?
不安にかられた人々が
言葉だけを置いてゆく
「準備中」なら
あなたここに入りなさい
魔法瓶の蓋を開け
塀の向こうに中身を捨てた
ずるり べちょ
何かが落ちたと思ったが
私は振り返らなかった
魔法壜一本五百円のコーヒー
しかも美味しい
さようなら
久しぶりで上野公園に来て
本当によかった
(2009・1・3)

  • Category

  • License

    • Standard YouTube License

Loading...

When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...