Loading...

【法政大学】法政大学校歌

130,542 views

Loading...

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Apr 26, 2013

1929(昭和4)年、学生の間に校歌作成委員会が結成され、同時に経費の募金運動が始まりました。
「学生委員が、帽子を持って学生の間を回ると、すぐ帽子が銀貨でいっぱいになった」といわれています。
無論、当時校歌が無かったわけではなく、現在行進曲として歌われている「名大いなれ法政」が校歌だったのです。しかし、「我等が法政の意気を示すべく」新しい時代にふさわしい校歌が待望されたのでしょう。

学生の応募作品73編については意見の一致が得られず、結局佐藤春夫教授に作詞を依頼することになりました。
作曲については近衛秀麿氏の快諾を得ました。作詞者、作曲者の間の激しい論争を経て、ようやく新しい校歌ができあがりました。近衛氏は1930年(昭和5)秋、洋行の途につき、楽譜は遠くベルリンから届けられて、わが校歌の誕生をみたわけです。

【法政大学公式チャンネル】
http://www.youtube.com/user/hoseiPR

Comments are disabled for this video.
When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...