Loading...

【青山繁晴】蹴散らせ(2017年1月9日)

2,498 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Jan 10, 2017

引用:虎ノ門ニュース

〇青山繁晴
1952年7月25日生まれ
政治家、参議院議員、安全保障および国家政策研究員、作家。
前独立総合研究所代表取締役社長、
近畿大学経済学部総合経済政策学科客員教授(国際関係論)、
東京大学教養学部非常勤講師。夫人は水産学研究者・水産学博士で、
東京海洋大学准教授、同研究所取締役自然科学部長の青山千春、
長男は同研究所社長の青山大樹。
テレビ・ラジオ多数出演
著書多数
〇居島一平
1974年10月22日生まれ
東京都出身。
O型、身長171cm
テレビ・ラジオ多数出演
別名:大本営八俵(※居島のピン芸人での名義)
事務所:オフィス北野
師匠:ビートたけし
江東区立第三亀戸中学校、都立城東高校卒業。
駒澤大学仏教学部中退、早稲田大学社会科学部除籍。
自身が司会を務める「真相深入り! 虎ノ門ニュース」
にて父親は朝日新聞社の記者、母親は新潮社の校正部員、
父方の祖父は大日本帝国海軍の軍人(二・二六事件において
包囲軍として参加。なおこのとき包囲軍が包囲していた
反乱部隊の中には五代目柳家小さんがいた)であったことを
百田尚樹氏からちょくちょくネタにされている。なお、2014年
に離婚していることも同番組2016年10月4日の回にて公表した。
中学2年で落語に傾倒、送別会や謝恩会では「一寸間亭比野野呂
(ちょっとまていこのやろ)」の名で高座に上がった(当時は桂枝雀のコピー)。
また新聞委員を丸3年つとめ、昭和天皇崩御を扱った号は『毎日中学生新聞』に掲載される。同時に千代の富士に憧れ、毎日草相撲に明け暮れる相撲少年だった。

Loading...

Advertisement
When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...