Loading...

H20-49 等高線 土地 5問免除 宅建みやざき塾 重要過去問題解説講義

13,961 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Sep 4, 2013

等高線について、イメージで理解するみやざき塾の講義です。
今年の宅建試験合格に、ぜひお役立てください♪
一緒にがんばって、絶対に合格しましょう(*^^)v

H20-49
土地の形質に関する次の記述のうち,誤っているものはどれか。

1 地表面の傾斜は,等高線の密度で読み取ることができ,等高線の密度が高い所は傾斜が急である。

2 扇状地は山地から平野部の出口で,勾配が急に緩やかになる所に見られ,等高線が同心円状になるのが特徴的である。

3 等高線が山頂に向かって高い方に弧を描いている部分は尾根で,山頂から見て等高線が張り出している部分は谷である。

4 等高線の間隔の大きい河口付近では,河川の氾濫により河川より離れた場所でも浸水する可能性が高くなる。


みやざきの宅建ブログ 『宅建合格らくらくナビ』
http://blog.goo.ne.jp/miyazakisensei-...

Loading...


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...