Loading...

『天照譚歌』【2013・初演】 〈作曲/酒井健吉 詩/木部与巴仁「ひのかみへ」より〉

466 views

Loading...

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Jan 28, 2014

2014年12月1日(日)、早稲田奉仕園スコットホール/第18回「トロッタの会」より

『天照譚歌』【2013・初演】
〈作曲/酒井健吉 詩/木部与巴仁「ひのかみへ」より〉

ソプラノ/赤羽佐東子 箏/小野裕子 フルート/臼井彩和子 オーボエ/岡崎千明 クラリネット/藤本彩花 ファゴット/岩岡翔子 ヴァイオリン/戸塚ふみ代・駒崎りら ヴィオラ/神山和歌子 チェロ/寺島志織 打楽器/稲垣佑馬 ピアノ/森川あづさ

【曲解説】
この作品は今年、式年遷宮を迎えた伊勢神宮とそこにお祀りされている日本の最高神天照大御神の為の奉祝曲を私的ながらも是非書きたいと思い作曲したものであります。作品は以下の二楽章からなります。
第一楽章「女神の肖像」 音画的楽章。室内管弦楽と13絃筝が天照大御神を描きます。作曲者としては如何にシンプルにこの音画を描くかがテーマとなりました。
第二楽章「ひのかみへ」 ここでは先の楽章に加えソプラノが加わります。詩はもちろん木部与巴仁さんの詩によります。此処では(ひのかみ)への歌が歌われ、時々挿入される間奏部分はひのかみへ捧げる舞楽といったところでしょうか。〈酒井健吉〉

  • Category

  • License

    • Standard YouTube License

Loading...


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...