Loading...

Suri Sicuri アンデスの伝統音楽の演奏 インカ・マヤ・アステカ展にて

27,456 views

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Feb 13, 2008

2007年8月25日(日)「インカ・マヤ・アステカ展」開催中の国立科学博物館の中 庭で行われたカントゥ・フォルクローレ連酩による演奏会の模様。

スリシーク(Suri Sicuri)という楽器での演奏。

スリシーク:
スリとはアルティプラーノを駆けまわるダチョウのこと。乾期には、アルティプラーノの大地は乾燥し、多くの川は干からび、水を得るのが難しくなります。ところが、ダチョウは水のありかを知っているのだそうで、乾期でも水の湧き出る地点を見失わないように、ダチョウの羽根飾りを頭に乗せて演奏します。多くのシークがド・ミ・ソ・シ担当とレ・ファ・ラ・ド担当というようにそれぞれの音程を分担してメロディーを紡いでいくのに対して、このスリシークは表拍担当と裏拍担当というようにタイミングを分担してメロディーを紡いでいきます。

カントゥ・フォルクローレ連酩サイト
http://www.kenta90.com/renmei.html

This is our group "Kantu Folklore Renmei" that is constituted by people who are interested in the native music of the Andes,but all members are Japanese! This video is a concert held in National Science Museum in Tokyo on August 25, 2007.

Es nuestro grupo "Kantu Folklore Renmei" que interpreta la musica autoctona de los Andes pero conformado por puros japoneses. Este video es una actuacion en el Museo Nacional de Ciencias en Tokio filmado en el 25 de agosto del 2007.

Loading...

When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...