Loading...

マンキューの「経済学の10大原理」 この世で一番おもしろく翻訳したら

41,475 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Nov 30, 2011

2011年11月。『この世で一番おもしろいミクロ経済学』でついに日本デビューを果たした
「世界でただ一人のお笑い経済学者(Stand-Up Economist)」ヨラム・バウマン。
そのバウマンが世界に名を轟かせたのが、このネタ「マンキューの「経済学の10大原理」 この世で一番おもしろく翻訳したら」だ!
マンキューをパロってマンキューに絶賛されたこの動画を、このたびバウマンの厚意で日本語字幕付で大公開!

◯バウマンのデビューの経緯も載ってる、書籍の試し読みもできる特設ページはコチラ。
『この世で一番おもしろいミクロ経済学――誰もが「合理的な人間」になれるかもしれない16講』公式ページ:
http://www.diamond.co.jp/book/9784478...

◯元の動画(なんと95万回以上視聴されている!):
http://www.youtube.com/watch?v=VVp8UG...

なお、マンキューの「経済学の10大原理」、日本語訳は以下のとおり。

1 人々はトレードオフに直面している
2 あるものの費用は、それを得るために放棄したものの価値である
3 合理的な人々は限界的な部分で考える
4 人々はさまざまなインセンティブに反応する
5 交易(取引)はすべての人々をより豊かにする
6 通常、市場は経済活動を組織する良策である
7 政府は市場のもたらす成果を改善できることもある
8 一国の生活水準は、財・サービスの生産能力に依存している
9 政府が紙幣を印刷しすぎると、物価が上昇する
10 社会は、インフレ率と失業率の短期的トレードオフに直面している

※『マンキュー経済学』(東洋経済新報社)を参照にして作成。

Special Thanks:Yoram Bauman

Loading...

When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...