Loading...

おもてなしが進化! “会話翻訳タクシー”の実証実験

1,003 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Dec 21, 2016

タクシーの“おもてなし”がさらに進化しました。日本語が話せない外国人観光客と運転手のコミュニケーションを円滑にするため、自動翻訳システムを搭載したタクシーの実証実験が始まりました。
 実証実験は自動翻訳システムを開発した大手通信会社のKDDIとタクシー会社が協力して始めました。翻訳システムは観光地や駅、通りなど都内の3000以上の名称が英語、中国語、韓国語と日本語のそれぞれの言語で登録されています。これにより、4つの言語を相互に翻訳できるということです。タクシーの運転手は「言いたいことがすぐ翻訳され外国人にも伝わる。会話のキャッチボールが弾むと思う」と話していました。また、翻訳システムを手掛けたKDDI・技術開発本部の階有良さんは「会話の中で画像や動画を使ってより分かりやすくして、より高いコミュニケーションを取ることで言葉の壁をなくしていきたい。外国人の方に一層おもてなしをしてもらい、タクシーの運転手さんの負担を減らしていきたい」と話しています。
 実証実験は来年3月までで、東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年の本格的な導入が目標ということです。

Loading...

Advertisement
When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...