Loading...

山中湖に水陸両用バスが登場=森を走り、そのままクルージング

22,694 views

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on May 5, 2011

富士急行は4月29日、山梨県の山中湖で4月30日から運行を開始する水陸両用バスを報道関係者にお披露目した。富士山の麓にある森林の中を車輪で走行した後、そのまま山中湖に入りクルージングするという運行コースになっている。6月28日まではプレ運行で約30分間の短縮コース、7月1日から正式運行となり約45分間のコースになる。
 車輪とスクリューを備えたバスの名前は「YAMANAKAKO NO KABA」。河口湖で運行されているオープンバス「KABA BUS」の兄貴分という設定になっている。車体に施されたデザインは、九州新幹線「つばめ」を手がけた工業デザイナー、水戸岡鋭治氏が担当した。
 水陸両用バスの発着場所は、山中湖の畔に近い旭日丘バスターミナル。バスを運行する富士急行がバス事業を始めた場所でもある。車内に折りたたまれ収納された鉄製の階段が外に出され、バスの中に入ると、カバのデザインが散りばめられた色鮮やかな黄色のシートが目に入る。座席数は34席、2人掛けのシートが通路を挟み両側に配置されている。
 運転席は右側にあり、前方に車輪を操作するハンドル、左下に舵を操作する操舵輪が設けられている。バスには、運転手と船長が乗り込み、湖の岸辺で交代。陸のドライブと湖のクルージングを、乗り換えることなく楽しむことができる。
 プレ運行時の料金は、大人1500円、小人750円(定休日は水、木曜日)。正式運行時は、大人2000円、小人1000円(定休日は木曜日)。

Comments are disabled for this video.
Advertisement

to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...