Loading...

愛犬の乳ガンで実証済み「里芋パスター」

8,572 views

Loading...

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Aug 26, 2016

材料
コンニャク   2枚
里芋     (初日)500g
生姜     50g
小麦粉     適量
オリーブオイル 少量

1. お鍋にお湯を沸かし、コンニャク2枚を茹でます。

2. 里芋の皮をむきます。

3. 里芋をすりおろし、生姜も皮ごとすりおろします。

4. 3に小麦粉を加え、モチモチと、まとめ易い生地にします。

5. ゆでたコンニャク1枚を、タオルに包んで
 オッパイの患部に当てます。

6. 赤く血液が集まった幹部に、里芋で肌がカブれないために
 オリーブオイルを塗ります。

7. 木綿の布に、4の「里芋パスター」をのばし、
 患部だけでなく、オッパイ全体に貼ります。

8. 「里芋パスタ―」を貼った上から、熱々のコンニャクを
 タオルで包み、温湿布を続けます。
 コンニャクが冷めたら、もう1枚の熱いコンニャクと
 取り替えます。

9. 30分ほど、コンニャク湿布を続けましたら、
 腹巻きやビスチェ、ブラジャーで「里芋パスタ―」を押さえ、
 朝まで、そのまま休みます。
 翌朝、「里芋パスタ―」を、外す時に、
 里芋が黄色く溶けたり、変色している箇所をチェックします。
 オッパイ側も、赤くなったり、ブツブツしている所も、
 チャックします。
 2日目からは、里芋の量を、
 患部の必要サイズに調整して下さい。

Photography: Ryoya Takashima

久司 道夫先生主催の米国マクロビオティック
サマーカンファレンスに参加しました。
全世界から、1,000人以上が集まるスケール感に驚きました。
宿舎では、様々な言語でクジマクロビオティックの自慢大会です。
「アレが、治った!」
「コレが、治った!」と。
中でも、「里芋(タロイモ)パスタ―」で、乳ガンを取った~と、
ビフォーアフター写真だけでなく、
「ガンが取れた跡のヘコみが、数年で元通りに修復した!」と、
ポロ~ンと、生のオッパイまで見せてくれたり。。。
「里芋でねぇ~!」と、半信半疑で帰国しました。

翌年のこと、愛犬のイングリッシュシープドッグ(20kg)
ガムちゃんが、乳癌に。。。
ピンポン玉サイズのコリコリが見つかりました。
獣医さんでの、摘出手術日は予約していましたが、
それまでに、、、と、里芋パスタ―を、試してみました。

初日、ガムちゃんは、何をしてるの?と、されるがままでしたが、
2日目からは、コンニャクを冷蔵庫から取り出しただけで、
お腹を見せて寝転んで待つように!
気持ちが、いいのですね~。きっと。
3~4日目で、家中に異臭が漂いはじめ、
一晩貼った「里芋パスタ―」が翌朝、黄色くドロドロに。
1週間目にぐらいで、突起部分が大きくなり、、、
10日目で、テニスボールサイズの癌腫が
ヨーヨーのように、ぶら下がって!!腰を抜かしました~。
家族も獣医さんも。
ガムちゃんは、獣医さんで、チョンと、切り取る手術をしましたが
久司先生に報告しましたら、そのまま放っておいたら、
癌腫に栄養が行かないので、枯れて落ちたそうです~!!
「里芋パスタ―」の威力を、愛犬ガムちゃんとの
体験を通して、思い知りました。

Ingredients
Konnyaku 2pcs
Taro (first day)500g
Ginger 50g
Appropriate amount of wheat flour
Small volume of olive oil

1. Boil the 2pcs of konnyaku

2. Peel the taro

3. Grind the taro down, and grind the ginger without peeling

4. Add flour to the taro and ginger until it becomes a dough that's easy to handle

5. Wrap a towel around one piece of boiled konnyaku and hold it against the infected breast

6. Apply olive oil to the blotched base where the blood concentrates so that the skin isn't affected by the taro

7. Using a cotton cloth, stretch out the taro pasta and apply it to the entire breast

8. Apply the konnyaku wrapped in a towel on top of the taro pasta, then swap to the other konnyaku when the first has cooled down

9. After applying the konnyaku for 30 minutes, use a bellyband/corset/bra to keep the taro pasta in place and rest until morning
When removing the pasta in the morning, check where the taro has melted into a yellow paste and any other color changes
The breast should look reddened, check lumpy locations
Adjust taro amount according to whichever regions need the pasta to be applied

One year, I attended the Macrobiotics summer conference by Michio Kushi in America, and to my surprise, there were over a thousand people gathered.
In the dorms, people were exclaiming their results in various languages.
"This healed!" "That healed!"
Between the reports, there was one that stood out to me the most.
A report of using taro pasta to remove breast cancer lumps, and I was shown not just photos, but also the breast that healed and filled back after the lumps were removed.
I traveled back to Japan half filled with wonder and half suspicion.

The year after that, my english sheep dog, Gum, got breast cancer...
A lump the size of a ping pong ball was found, and while we got an appointment to remove the lump with the vet, I tried out the taro pasta before that.

On the first day, Gum looked at me weirdly. What are you doing?
By the second day, just taking the konnyaku out of the fridge would have Gum rolling over and showing belly in anticipation.
Must feel good to have that applied.
By the fourth day, my house filled with a strange smell, and the taro pasta had turned yellow and runny.
By the end of the week, the lump had grown even bigger, and by the tenth day, it was the size of a tennis ball!
It hung off Gum like a yoyo and scared me, the family, and even the vet half to death.
The vet cut it off, but according to Dr Kushi, the lump wouldn't receive any nutrition and would have withered and dropped off naturally after that.
Thanks to Gum's experiment, the power of the taro pasta was proven.

Comments are disabled for this video.
When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...