Loading...

ラッセル・M・ネルソンとは どのような人物でしょうか?

93 views

Loading...

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Feb 9, 2018

末日聖徒イエス・キリスト教会の第17代大管長として、ラッセル・M・ネルソンが召されました。ネルソン大管長がどのような人物なのか、彼の経歴と共にご紹介します。

ネルソン大管長は国際的に著名な外科医であり、医学研究者です。彼は1924年9月9日に生まれ、現在93歳です。彼には10人の子供がいます。
妻は、ウェンディー・L・ワトソンです。彼の最初の妻、ダンツェル・ホワイトは2005年に亡くなりました。
彼と親しい人々によると、大管長は優れた健康のおかげで、高齢でありながらも人生を楽しんでいるようです。時間があればスキーを楽しみます。彼に並外れた体力があることがよく分かるでしょう。
ネルソン大管長は信仰の人であり、自身の職業と神への奉仕をバランスよく保ってきました。
彼は、キャリアにおいて数々の偉業を成し遂げてきました。
ネルソン大管長は、世界初となる人工心肺装置を開発した医師チームの一員でした。1951年、この装置は実際の開胸手術で使用されました。また、彼は血管外科学会の会長、アメリカ胸部外科理事会のディレクター、アメリカ心臓協会の胸部心臓血管外科委員会の主任、および、ソルトレイクシティにあるLDS病院の胸部外科主任を務めました。
また、数々の医学賞を受賞してきました。アメリカ心臓協会の「ゴールデン・ハート賞」、アメリカン・アカデミー・オブ・アチーブメントの「ゴールデン・プレート賞」、およびユタ大学の「優秀同窓生賞」などです。
しかし、輝かしいキャリア以上に、神と教会への奉仕がネルソン大管長の特質を表しています。1984年4月7日に十二使徒定員会に召され、2015年7月15日に十二使徒定員会の会長に召されました。ネルソン大管長は世界中のイエス・キリスト教会の発展に30年以上も協力し、貢献してきました。
彼は30カ国を奉献する機会にあずかり、人々と伝道の業を祝福してきました。彼が奉献に携わったのは、グアテマラ、ホンジュラス、エルサルバドル、アルメニア、オーストラリア、ベラルーシ共和国(旧白ロシア)、ベリーズ、コンゴ、チェコスロバキア(当時)などです。
ラッセル・M・ネルソンは、世界中にあるイエス・キリスト教会の大管長として奉仕するために、長い年月をかけて備えられてきた人です。およそ1600万人もの人々が、彼を現代の神の預言者であると支持しています。
彼はこのように言っています。「わたしはイエス・キリストを愛しています。そして キリストを証します。これからもずっと 主への感謝が尽きることはありません」

Loading...

When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...