Loading...

「11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち」予告編 若松孝二監督作品

114,204 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Apr 25, 2012

第65回カンヌ国際映画祭ある視点部門 正式出品作品
6月2日より全国ロードショー
前売り券1,000にて販売中

数々の名作と伝説を遺し、1970 年11 月25 日に、防衛庁内で衝撃的な自決を遂げた一人の男、三島由紀夫。
頂点を極めた大作家の壮絶な最期に、世界中が驚愕した。 45 歳という短い人生を自ら幕引きした彼は、その人生において、何を表現したかったのか。ともに割腹した青年・森田必勝(楯の会学生長)と三島の、その心の奥底には、何が潜ん­でいたのか。
「三島の美学だ」「三島の政治だ」「三島の限界だ」と、これまで、彼の作品や人生を分析、評論したものは数多ある。しかし、若松孝二が描き出そうとしたのは、「三島由紀夫­」の人生の再現ではない。
1936 年2月26 日の青年将校らによるクーデター未遂。あの将校らの姿を見つめるミシマ少年の眼差し、そして、敗戦後の日本を見つめる青年ミシマの眼差し、また、高まりゆく学生運動を見つ­める作家ミシマの眼差し、若松は、そこに徹底的に寄り添おうとする。浅沼稲次郎社会党委員長を刺殺した17 歳のテロリスト山口二矢。大学解体、反権力を叫んで安田講堂に立て籠もった全共闘たち。人質をとって籠城し、差別への怒りをぶちまけた金嬉老。これらが、三島の脳裡に焼き­付けたもの。「お前が信じるものは何だ?」三島が若き森田に問いかける。
三島は何を信じたのか。あるいは信じたかったのか。最期の絶叫の瞬間、彼の瞳は何を見つめていたのだろうか。
強烈な人間の衝動を映像に封じ込め続けてきた鬼才・若松孝二が 11・25 自決までの三島と若者たちの魂の軌跡を追う。

Loading...

When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...