Loading...

医療費控除(基礎編)

54,820 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Dec 19, 2011

名南税理士法人の他の動画はこちらから (※テキストも添付されています)
http://www.meinan-tax.or.jp/column/in...


今回は、医療費控除についてお話します。
2回に分けてお話しますので、今回は医療費控除の基礎的な部分についてお話します。

「10万円を超えると医療費控除を受けられる」という言葉を耳にしたことはありませんか? 
この言葉通り、1年間で支出した医療費の額が10万円を超えた場合には、医療費控除を受けることができます。

具体的な医療費控除の金額の求め方は、(て)こちらの通りです。

その年に支払った医療費の額から10万円を控除した金額が、所得から控除する金額となります。
裏を返せば10万円を超えた分が医療費控除の金額になるということです。

ただし、一つだけ注意してください。それは、保険金等を受取った場合です。
保険金等を受取った場合には、その分医療費の負担が少なくてすむわけですから、その金額を医療費の額から控除することになります。

つまり、その年に支出した医療費の額から保険金等の額を差し引き、
そこから10万円を控除した金額が、医療費控除の金額となります。
 
さてここで、「医療費は自分の分だけで10万円もない」と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか? 
医療費が少なくてすむのはいいことですが、一つ知っておくといいことがあります。

それは、こちらです。医療費控除の対象となる医療費は、
一人分の医療費だけではなく、家族の医療費も合算することができます。

しかも、合算できるのは所得が少ない扶養親族だけではありません。
ここに記したとおり、合算対象となる人には所得制限はありませんので、
たとえ所得が多くても、生計を共にしているのであれば合算することができるのです。

最後に、医療費控除を受けるための手続きについてお話します。

手続は簡単です。1年分の医療費の領収書をもとに確定申告をして下さい。
このように、確定申告書には医療費控除の金額を記載する欄がありますので、そこに控除額を記載して申告をします。手続はこれで終わりです。

皆さんも確定申告をして、医療費控除の適用を受けてみてはいかがでしょうか?

それではまた。

Loading...

When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...