Loading...

#ことこと列車 #平成筑豊鉄道

ことこと列車 運行初日 平成筑豊鉄道

1,719 views

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Mar 21, 2019

平成筑豊鉄道が初めて運行するレストラン観光列車ことこと列車
運行初日の2015年3月21日は直方駅にて沿線自治体の首長
デザインを担当した水戸岡鋭治さん関係者が列席し
出発式が開催されました。
ゆっくり走る「ことこと列車」
日本一ゆっくり走る
こころゆたかな「ことこと列車」の旅
世界一ゆっくり走る列車になりたい。
福岡県の第三セクター平成筑豊鉄道(福岡県福智町)は2019年3月21日、レストラン観光列車「ことこと列車」の運行を開始した。
車両デザインはJR九州の豪華寝台列車「ななつ星in九州」も手掛けた水戸岡鋭治氏が担当し400型401号と402号を約1億円かけて改装
ステンドグラスをイメージした天井や大川組子細工などの地域産品を取り入れた。
運行は原則土日祝日、直方駅(同直方市)―田川伊田駅(同田川市)を往復した後
再び直方から田川伊田を越えて行橋駅(同行橋市)まで行く。
乗車時間は午前11時半ごろから約3時間半で、昼食付き。
料理は福岡・西中洲で有名フランス料理店を営む福山剛氏が監修し、沿線の食材や上野焼の器を取り入れている。
価格は計6品の料理付きで1万4800円。定員は48人。
平成筑豊鉄道の2017年度の利用者は約150万人で、この10年強で半分以下に減った。
同社は初めて観光列車を本格導入し、通勤・通学以外の需要を掘り起こすことを期待されている。

2019.03.21
Panasonic HC-V520M
スマホ 撮影
#ことこと列車#平成筑豊鉄道

Loading...

Advertisement
When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...