Loading...

「沈黙のWebライティング」ブックレビュー

62 views

Loading...

Loading...

Transcript

The interactive transcript could not be loaded.

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on May 22, 2017

私が参加しているX-Jr.コピーライター養成スクール→https://www.naturalsuccess.jp/XJrCopy...

本日はAmazonのベストセラー本からオススメの本を紹介いたします。

松尾 茂起さんの「沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉」になります。


松尾茂起さんは、京都で株式会社ウェブライダーの代表をしています。Webビジネスプロデューサーとして活動する一方、ピアニスト、作曲家としても活動し、Webと音楽を絡めた様々なコンテンツをリリースしています。

大学卒業後、京都の音楽製作会社に就職後、2005年にフリーランスとして独立。2010年に株式会社ウェブライダーを立ち上げ。「わかりにくいことをわかりやすく」の理念のもと、多くのクライアントのサイトをプロデュース。

そして、私もサイト製作でお世話になっているSEOテンプレート「権威」を自社サービスとして開発し、2万ユーザーの方が利用しています。

ネットでビジネスをしている方なら何かしらお世話になったことがあるのではないでしょうか?

ご自身の経験からビジネスにおける言葉の大切さを実感したことについて、特にWebの集客においての言葉の使い方を振り返るのがこの書籍「沈黙のWebライティング」です。

人は言葉を使って、売り手の商品やサービスを、買い手に届けることになるので、言葉の使い方がビジネスにおいて重要なのは明らかです。

特に、Webでビジネスをおこないときは、言葉の使い方が集客にもろに影響してきます。

言葉によって自分の心に響いた文章に触れたとき、「なぜ?この文章は自分の心に響いたのか?」ということを徹底的に考えることでした。

「なぜ?」「なぜ?」「なぜ?」

この論理的思考は、やがて私の中にたくさんの疑問を言語化することにつながります。

そして、その言語化は私なりのライティングノウハウを生み出しました。

今、ウェブライダーではそのノウハウを全スタッフと共有し、たくさんのライティング案件を進めています。


はじめにだけを読んで、私はこの本を買って収穫があったとおもいました。

この続きやコチラのブログにて→http://copywritingchallenge.hatenablo...

Loading...


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...