Loading...

SATOL "come to oneself" from "Shadows" PFCD57

2,073 views

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Feb 19, 2016

follow the crowd MV https://vimeo.com/161873733
あなたの思いと影 MV https://www.youtube.com/watch?v=mEmF2...
koroshiya no tomo https://www.youtube.com/watch?v=0VK74...

宇川直宏 [DOMMUNE]
暴走するAIのように意味も解釈も崩壊させる『Shadows』は、21.16世紀のハードコア・コンクレートだ!!!!!!
シンギュラリティに対抗する"人間性復権”の為の音楽は、何を隠そうチャンス・オペレーションだったのだ!!!!!!!
と、僕は”SATOL”によって"悟った"….

SAND MAKOTO
幼少期の通学路の陽炎(かげろう)、うだるような呼吸しづらいほどの暑さと、ほんの少しだけ見え隠れする陰湿な大人の影と、夏休みの絵日記のような嘘のような爽快感の狭間で、もがく自分のカラダの中身は本当はどうなっているのか。みんなと違うのではないか。いやきっとこんなにも汚くえぐいことを考えているのは地球上でボクだけだろう。だからきっとみんなとは中身も違うのだろう。蝉がいつまでもうるさいから心が躍る。そんなこと考えてた小学生の自分を思い出した。景色の見えるいい音だな(シラフだよ)

O.N.O [THA BLUE HERB/STRUCT]
恐れずにさらけ出す深層!変化を重ねた想いよ正しく伝われっ

Inner Science/西村 尚美
はるか地中に深く根ざすようなローエンドとそびえる荘厳な音色を祝福する、ヒューマンなマシン・ミュージック。

刃頭 [OBRIGARRD]
破壊的で空虚なイメージのある、このジャンルの中でこんなに人間味のある暖かい打ち込みが出来るアーティストを他に知らない。

島田 角栄 [映画監督]
電機の波とノイズの粒子がヤツラを覚醒させる。俺が巨大ロボットを操縦する時のBGMはコレで決まり

能勢 伊勢雄 [音楽評論・岡山PEPPERLAND主宰]
SATOLの新譜は音足のリバーブ処理と残響の重なりが作り出すビジョンだ!!!!
ゴシック・ドローンの奥行ある響きが感情を乗せたアブストラクトなビーツを繋ぎとめる新音楽の誕生だ。音楽の根源にある響きを自在にコントロールし太古から続くオルタナティブ・コンシャスネスにリンクする音楽だ。大絶賛!!!!

https://soundcloud.com/progressive-fo...

SATOL 2nd Album "Shadows" Out On April 15th PROGRESSIVE FOrM PFCD57
https://www.facebook.com/permalink.ph...

2016.4.15 release - SATOL "Shadows" PFCD57
http://www.progressiveform.com

◆Tracklisting

01. follow the crowd
02. あなたの思いと影
03. brief and opaque
04. alertness
05. period of alertness feat. O.N.O [THA BLUE HERB/STRUCT]
06. period of alertness 2 feat. TAKAAKI ITOH [WOLS]
07. period of alertness 3 feat. HALP
08. Koroshiya no tomo
09. voyeurism
10. come to oneself

◆『Shadows』アルバム紹介

前衛と亜種が融合した異端のムーヴメントの先進者である雑食型ハイブリッド・サウンド・デザイナー《SATOL》による待望の2ndフルアルバム!!

日本を代表するアーティストO.N.O[THA BLUE HERB/STRUCT]とTAKAAKI ITOH[WOLS]
またスペインからはIOAN GAMBOA、そしてオランダからはHALPが参加!

2013年の1stアルバムから2014年のミニアルバムと国内のみならずスペイン、ロシア、ヨーロッパ各地で高い支持を受けた常識的な構造が排された鬼気迫るビートと重い音響的コラージュで紡がれたサウンドは、より精度の高い音世界となって構築する。型破りのビートダウン変拍子から無拍子の着手、それはインダストリアル・ダブの潮流にも共振し、未来的な方向性を導く<現在進行形>の音の象徴とも言える魅力たっぷりのアルバムがここに完成した。

Loading...

Advertisement
When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...