Loading...

力を合わせてやっぺす!石巻

3,211 views

Loading...

Loading...

Rating is available when the video has been rented.
This feature is not available right now. Please try again later.
Published on Apr 9, 2012

開成地区12団地の集会所では、今日もにぎやかな声が響いていました。
開成地区は、石巻市内で最も多くの仮設住宅が集まった地域です。
近くには総合運動場があり、昨年の秋に復興祭も行われました。
石巻市の方々が考えた詩をもとに紡がれた【石巻復興節】(作曲:くるり)が今、振りをつけられ、踊られています。
そして、開成夏祭りの開催と踊りの披露を目指して、今度は はっぴづくりが住民から提案されました。

開成地区はとても広い団地で、石巻復興節を踊る皆さんは、団地のあちこちから集まって来ます。
仮設住宅団地内の集会所を利用し、石巻復興支援ネットワークのやっぺすイベントとして、踊りの練習が何度か行われてきました。参加されている方にお話を伺うと、踊りやはっぴづくりの活動があることで、住民の方々とコミュニケーションをとっているとみなさん仰っていました。「毎日お父ちゃんに、今日はどこだ、何時からだって言われるのよ」と嬉しそうにお話してくださる方もいました。
集会所で踊りを紹介していた村田初恵先生は、東日本大震災の以前は農業を営んでいましたが、被災して別地区に住居を移し、現在は開成地区の外から来て活動に参加しています。

石巻では、農家として生活を営んできた方が、家やビニールハウス等をすべて流され、アパートや仮設住宅に移り住んでいる、といったケースも多々あります。
今まで通りの日々を過ごすことが出来ないことは、多くの方々にとって、とても不安なことです。

そんななか、市外や県外からの働きかけに応えるかたちで、仮設住宅にお住まいの方自身が、復興節の振り付けやはっぴづくりを提案しました。みなさん積極的に意見を出し合い、はっぴのデザインが決まっていきました。開成夏祭りの開催と披露を目指し、これからも作業を進めて行きます。

振り付けの一つ一つには、それぞれ意味が込められています。
天を仰ぐ仕草は、亡くなられた方を見上げる様子を表し、何度も頭を下げる様は、たくさんの支援に感謝するという気持ちが込められています。
いくつもの想いが集まって曲を彩り、笑顔が心を繋いでいます。

一緒に歌って踊りませんか。
やっぺす!石巻!

Loading...

When autoplay is enabled, a suggested video will automatically play next.

Up next


to add this to Watch Later

Add to

Loading playlists...